« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

振り返る

@家
ママソ「残念だったわー。そういえば○×クイズ以外には何があったの?」
ペロ「公園内を走り回って問題を見つけて、ラルフに回答を見せに行くゲームとかあったよ」
ママソ「じゃあ決勝でやるようなこともやらせてもらえたんやね」
ペロ「ラルフに見せにいったら「正解!!」って言われたwww」
ママソ「へー」
ペロ「それで、最初ゲームの前に○○高校が「一緒に組みませんか?」って言って来た」
ママソ「組んでいいの?」
ペロ「いや、あんまよくない。でも公園内広いし、組んだほうが有利だろうってことでそうしようと思ったんだけど、意外とエリアが狭く設定されてて、バレたらまずいなってことでやめたけど」
ママソ「ふーん」
ペロ「あとは五感クイズとか」
ママソ「何それ」
ペロ「例えば嗅覚のクイズでは、ホワイトボードに「あ」から「ん」の文字が書かれてるんだけど、そのどれかに匂いのする文字があって、それを並び替えると動物の名前になるとか」
さきえ「なにそれwww」
ペロ「そしたら「あ」と「こ」と「ら」から匂いがしたから「コアラ」だってわかった」
〜〜〜〜
ママソ「しかし、まあ、いい思い出になったわー」


Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

出番か

ママソ「ついに愛知県きた。わー旭丘おるわ。一宮に五条に・・・」
さきえ「強豪ぞろいだな」
ママソ「(姉と電話)今から愛知県の選抜やるわ。30校のうち3校しか選ばれんと。音聞こえる?聞いとりゃー!電話切らんとつないどくで。・・・・だから、電話切らずにつないどくから聞いときって!!」
台「ブブー」
ママソ「アッー旭落ちた!」
さきえ「旭が落ちるとは!これは意外と望みがあるんじゃ・・・」
ママソ「一宮きたわ」
さきえ「あーこれはやばい」
台「ピンポンピンポン」
ママソ「あー!やっぱり。。。」
さきえ「あと二枠かぁー!これだけ残ってるもんな・・・」
〜〜〜〜(残り一枠となり・・・)〜〜〜〜
ママソ「あと何チームある?5くらいはあるわなー」
さきえ「あーやだなー!!」
某高校「せーの!!」
台「ピンポンピンポン」
さきえ「あー!!!」
ママソ「ああー!終わった」
さきえ「あーあ。。。敗者復活はないのかな」
残った高校たち「ブブー。ブブー。・・・・(歩いて台を通りすぎる)」
ママソ「ないやろ。しかしせめてもっと前のほうに出てれば台の前で喋ったりとかできたのに」

Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

準決勝

(遠くから見ている)
ママソ「どこにおる?」
さきえ「うーん。。。」
ママソ「おったわ!あの一番後ろに腕組んで立っとるわ」
さきえ「ああー」
ママソ「今は長野県の選抜してるんだな」
さきえ「愛知は最後なのか」
ママソ「これは緊張するな」
長野県の高校「○○高校!今日は補習を休んできました!絶対全国行きます!!せーの!(三人で手をつないで台に飛び乗る)」
台「ブブー」
ラルフ「補習休んできたのに通らなかった!帰ったら勉強がんばってください!!」
さきえ「はは。。。」
ママソ「同じやわーwww」
さきえ「これは見とれんなー」

Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途中経過

(なんとか会場に到着)
ママソ「どこにおる?」
さきえ「あ、こっち来たわ」
ママソ「今はどんな状況なの?」
ペロ「今は休憩時間だけど、さっき筆記試験があってめちゃ難しかった。もう無理だわー」
ママソ「あ、あの子見たことある!」
ペロ「ああ、あれは○○(名前)」
ママソ「同じチームの子?」
ペロ「うん。」
遠くの二人「(会釈)」
ママソ・さきえ「あ。(笑顔で会釈)」
〜〜〜〜
さきえ「あの高校名のゼッケンってペロしかつけてないの?」
ママソ「あの子がリーダーらしいわ」
さきえ「ほお」


Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠い会場

ママソ「自転車どこ止めればいいのー?」
さきえ「公園内でいいじゃん」
ママソ「でもいかんやろー」
さきえ「なんで、公園に自転車を止めて何が悪い?」
ママソ「まあいいわ。100円払ってでも駅のほうがいいわ」
〜〜〜〜
ママソ「何ー!いっぱいやないか。止めれんがん。」
さきえ「あーあ」
係の人「申し訳ないんですが、ここはもういっぱいなので、この坂下りたところにもあるのでそっちを使ってください」
ママソ「あー」
〜〜〜〜
ママソ「こっちもいっぱいなんやないか?もしなかったらあのオッサン怒ったるわ」
さきえ「・・・(いや、オッサンに罪はないwww)」


Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急ピッチ

ママソ「ただいま。さっき電話あったわ」
さきえ「こっちもあったよ。愛知では5校残ってるんだってね」
ママソ「そうなの?そんなこと言ってなかったわ。めんどくさそうに」
さきえ「見に行くの?」
ママソ「庄内緑地だしな。オリラジでも見に行くか」
さきえ「これ、手紙書いて、現金書留で送りたいんだけど、どうすればいいの?」
ママソ「じゃあ郵便局行ったついでに行くよ」
さきえ「え?もう行くの?」
ママソ「あんた昼食べたの?」
さきえ「まだ」
ママソ「はよしなさい」
さきえ「ねえ、「つきましては、前金二万四千円をお送り致します。」って日本語おかしいよね。「送らさせいただきます」のほうがいいかな?」
ママソ「送らさせていただきますの方がいいわ。もういいわー!20歳そこらの子が書くもんなんかどうでもいいわ!」
さきえ「そんなwww」

Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉報

さきえ(家)「(手紙を書いている)」
携帯「ブーブー(ペロ)」
ペロ「もしもし、さっき○×突破したわ。全問正解だった。今んところ8校が勝ち進んだ。愛知では5校」
さきえ「すごいじゃん!!決勝いけるの?」
ペロ「いや、まだ絞り込まれると思うけど」
さきえ「そうかー」
ペロ「うん、まあそういうことだわ。それだけ。じゃあね」
さきえ「がんばれよ!じゃあね」

Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

活気づけ

ペロ「補習休んで行くからな。勝ち進んだらどうしような」
ママソ「それは絶対ないわ!絶対無理。もし全国行ったら10万円やるわ」
ペロ「そんなこと言ってもいいの?fff」
ママソ「言っとくけど、優勝したらだからね!」
ペロ「行ってくるわ」
ママソ「がんばってこやーよ」
〜〜〜〜〜
さきえ「どこまでいけるかな?でも勝ったら10万あげんとかんくなるね」
ママソ「いけんわー。そう簡単に10万なんか手に入らんってことだわ」

Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の思い出

ゆかこ(メール)>ザソネソ、おしかったな

ペロ(メール)>○×で残ったのは全部で8校、愛知では5校だったのに、準決勝で50校に増やされた

ゆかこ「wwwwwwwwww運がないなwwww5分の1にはならなかったんだな」

ぺロ>最初に勝ち抜いたからって何の優遇もなかったわ・・・

ゆかこ「wwwwwwwwwwwwww」

080731_185916 ペロ>今決まった、明和だわ

ゆかこ>そっかあ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ゆかこ「でもなんだかんだいってママソ見に行ってんじゃん・・・」

ママソ「旭丘とか一宮とかおるわ!無理だわ!!」

ゆかこ「あーー・・・」

ママソ「旭落ちた」

ゆかこ「おっっ」

電話「ピンポンピンポンピンポン!」

ゆかこ「きこえるきこえる」

電話「ブブーッ」

ママソ「アッー凹あーー」

ゆかこ「アッーwwwww」

ママソ「残念!!」

ゆかこ「ああー」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LIVE

ゆかこ「5校か・・・県代表が1校なら確率は5分の1ってことか・・・?」

滋賀「それ滋賀県多分ないで、きいたことないし」

ゆかこ「えっ、そんなことないだろいくら滋賀でも(失礼」

滋賀「それってリーダーみたいなんおるの?」

ゆかこ「それがペロがリーダーらしいわwwww」

滋賀「そうなんwwwwwwww」

ゆかこ「あ、もういこうか>京都駅」

~~~

ママソ「プルルルルルル」

ゆかこ「電車にのるっていったのに・・・」

ママソ「今準決勝準決勝、ラルフがしゃべってるからきいてみ!」

ゆかこ「ママソの声できこえないwwwww」

ママソ「えっ!?なに!???」

ゆかこ「ママソの声できこえない!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペロパワー

ゆかこ「え?今年出るの?高校生クイズ>ペロ」

ママソ「そうだわー。何で一年や二年の時に出ないで三年に、しかも補習休んでいくのかね・・・凹誘われたらしいわ」

ゆかこ「補習休むのかwwwww」

ママソ「もうしらんわ」

~~~

そんなことも忘れてた今日

タキエ(メール)>ペロ、○×クイズ突破したらしいわ。愛知では5校残っているらしい

ゆかこ「ちょwwwまじでwwwwwwww」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

マイペースマイペース

さきえ「姉ちゃん次いつ帰ってくるの」
ゆかこ「8月の終わりくらいかな」
さきえ「今度こそ金田一(ちょっと前の記事参照)クリアしなきゃな」
ゆかこ「あれはどう考えてもタキエの推理がダメだったんだわ」
ママソ「あんた新幹線何時なの?そんなのんびりしとる時間ないだろ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間がありません

ママソ「ちょっとあんた起こさなかったら何時まで寝てるの?よくゴロゴロ(雷)なってる中ガーガー寝れるわ」
ゆかこ「うん……(ボー」
ママソ「新幹線2時代なんやろー?もう1時だがね」
ゆかこ「あー……(ボー」
さきえ「あ、姉ちゃんこれ」
ゆかこ「ん?あぁ!ヤッター、プリキュア(とグミ)じゃん」
さきえ「プリキュアはネタだわ」
ゆかこ「シールだ」
さきえ「運がいいとピンクパールシールが入ってるらしい」
ゆかこ「え?ちょ、これじゃない?ピンクパールシール」
さきえ、「ほんとだ」
ゆかこ「いぇーい」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

まさかのエンディング

ゆかこ「事件現場で、証拠品を二つ見つける。錠と鍵のプレートはもう見つけた、これでよいだろう」
さきえ「移動するか。部屋へ戻ろう」
剣持「金田一、現場をよく調べろ」
さきえ「はあ?もう証拠品見つけたじゃん。強行突破だ」
剣持「金田一。現場をよく調べろって言っただろ!何度言わせたらわかるんだ!」
さきえ「うぜぇーな。てかお前刑事なんだから調べろよ」
〜〜〜なんとかクリアし〜〜〜
@食堂
剣持「金田一、密室のトリックは解けたか?プレートにはどんな特徴があったか?」
さきえ「こすれた跡があったでいいな。簡単簡単」
剣持「では錠のしくみはどうなっていたか?」
さきえ「ん?・・・どれだ?」
ゆかこ「え・・・」
さきえ「右に回すと閉まり、左に回すと開くでいいのか?」
ゆかこ「え?そうか?鍵を回しているときだけ開くじゃない?」
さきえ「え?鍵を回しているとき・・・そうか?」
ゆかこ「ちょっと待てよ。ここで詰まるなんて想定外だぞwww落ち着け」
さきえ「トリックとかわかってるのに選択肢が選べないwwwでもやっぱ①か?」
ゆかこ「もういいや、考えてもわからんから①にしよう」
さきえ「よし。次だ次!」
剣持「そうか、プレートと錠の仕組みがトリックに関わっていることは確かだな。しかし、その推理ではどうつながるのか見えないな」
さきえ「ええ?」
ゆかこ「そんなwww」
剣持「金田一、お前には見損なったよ。これからはお前との付き合い方も考えなくてはな」
さきえ「そこまでかよ!!」
美雪「はじめちゃん、私もそう思う。がっかり。しばらく学校でも話しかけないでね」
ゆかこ「なんで、どこで間違ったんだwwwてかここで間違うとか考えてなかったし」
さきえ「昔やってたときも犯人特定のとこまではスムーズに行ってたような。昔よりも頭脳が落ちてるじゃないか。。。」
ゆかこ「憤り」
さきえ「てか、わかってるのに、それを文章と結びつけることができないって、国語力の欠如じゃんwww」
ゆかこ「ゆとりだし」
さきえ「切ないな」
ゆかこ「1時間半もやってたのに。後から悲しみがこみ上げてくるな。悲しみというか、なんていうんだこの気持ちは・・・」
さきえ「空虚感。虚しいってかんじだな。ほんとに終わったのかってしばらく状況が飲み込めないかんじだったな。」
ゆかこ「私たちは、自分の置かれた状況を理解するのに時間がかかった」
さきえ「私たちは、終わったということを理解せぬまま放り出され、理解していないのに理解せねばならないという状況に置かれ、悲しみが徐々に私たちを襲った」
〜〜〜〜
さきえ「しかもこれって・・・・セーブしてないよな」
ゆかこ「ここで終わることを想定していなかったからな。また最初からか。。。」

Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キター

ゆかこ「次は三村の部屋の前で立ち聞きだって」
さきえ「また立ち聞きかよ」
三村:女医。美人だが腹黒い
ゆかこ「立ち聞きがバレると、その後部屋に入ることができるって」
さきえ「入っていいのか。不法侵入だろ」
ゆかこ「鏡台の上にメモがあるって」
さきえ「これか、1129って書いてある。「いい肉」か」
ゆかこ「これを後で図書館の秘密扉に照合するんだって「いい肉」だよ!覚えた?」
〜〜〜〜〜
@夕食後
美雪「ヨネさんが、この島にまつわる伝説を話してくれるって」
※ヨネ:謎のばあさん
さきえ「キター!事件www」
〜〜〜〜〜
ここからアニメーションが始まる
ヨネ「伝説を喋っている」
鐘「ゴーン、ゴーン」
さきえ「キター」
金田一「時計塔だ!」
BGM「緊迫したBGM」
金田一「はっ!!!(ガラス張りの天井を見上げる)」
さきえ「結構怖い。今の時代ないわ、これ」
小暮「バリーン!(小暮の首がガラスを破って落ちてくる)」
美雪「キャー!」
金田一「見るな!美雪」
さきえ「いや、もう見たけどね」
ゆかこ「そろそろ来るよ!」
クリス「何事ですか?あ、ああっ・・・!」
さきえ「何事ですかwwww」
ゆかこ「wwwwww」
※クリス=ソロモン王の末裔(何かよくわからん)IQ180。
※「何事ですか」:2007年度きょうだい間流行語大賞に選ばれた


Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余裕さアピール

ゆかこ「まずは小暮の部屋で立ち聞きするんだって。」
※小暮:悲報島にリゾート計画をする事業を進めている会社の社長
さきえ「小暮の部屋は、えーと地図地図。ん?これは、、、どういう地図だ?」
ゆかこ「えっとだからまずはまっすぐ行って大広間に出ればいいんじゃない?」
さきえ「そうか」
BGM「ジャーラン・・・ジャーラン」
さきえ「このBGMが怖いんだよな。怖いな、バイオハザードより怖い」
ゆかこ「そんなに怖くないだろ」
美雪「これって時計塔よね。鐘は鳴らないようにしてるって言ってたけど、こんなにも立派な時計塔なのにもったいないわよね。どんな音が鳴るのかしら。やっぱり、「ゴーン」とか「ボーン」とかいう音よね。まさか「ポッポー」ってことはないわよね。鳩時計じゃないんだから」
ゆかこ「いらんこと喋んなよ」
〜〜〜〜
ゆかこ「小暮は一番奥の部屋だよ、手前は遠藤だから」
※遠藤:小暮の部下。リストラに怯える。胃腸が弱い。
さきえ「そういえば一番最初の時、遠藤を犯人にして失敗したんだよな。剣持が、なぜ遠藤さんが犯人なんだって言って、「そ、それは・・・」って言って終わった。犯人はまだ断定できないっていう項目があるのを知らなくて、誰か選ばないといけないと思ったんだよ」
ゆかこ「バカだったなーwwあの頃は」


Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに

さきえ「ねえ、「何事ですか?」やらない?」
ゆかこ「「何事ですか」やろうか。私も明日帰るし。何しろグッドエンデイングを見なくては」
さきえ「そういえば姉ちゃんは結局バッドエンディングも見てないんだよね」
ゆかこ「そうなんだよね」
※「何事ですか?」=プレイステーション:金田一少年の事件簿〜悲報島新たなる惨劇〜
ゆかこ「じゃあタキエの部屋でやろう!」
さきえ「攻略マニュアルをプリントアウトしとくわ」
〜〜〜〜〜
オープニング「金田一少年の事件簿」
ゆかこ「おおー!!」
さきえ「ゾクゾクするな!」
ゆかこ「この美雪の服装とか今はないよね」
さきえ「てか剣持キモい」
ゆかこ「さあ、屋敷ん中に入ったぞ」
真奈美(登場人物:内気なメイド)「金田一さんと七瀬さんは同じ部屋でいいんですよね。いやなんでもないですっ!タッタッタッタ(走り立ち去る足音)」
ゆかこ「そういえばこういう演出あったよね、懐かしい」
美雪「今すごいこと言ってなかった?何ではじめちゃん、がっかりした顔してるのよ」
ゆかこ「普通こういうこと言えんよね。自信過剰なヤツだな」
美雪「はじめちゃん、ちょっと屋敷の中とか外とか探検してみましょうよ」
さきえ「さあここからマニュアル通りにやるよ」

Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

コメント777番目

Photo_2 

は、キョンさんでした。ありがとうございます。なんとなく祝ってみました。

考えてみればキリ番踏んだ人の発表とかミクシィのときはみんなやってましたね。ブログだとキリ番設定みたいなのできない?(やりかたわからない)ため自分で気をつけてみていなくてはなりません(ザソネソ)

これからもホラーテイストに祝っていきたいです。

次は821(姉誕生日)と905(妹誕生日)でしょうか。これからもよろしくおねがいします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

思わぬ遠征

ママソ「暇そうだからシマムラでもいくか」
ゆかこ「やったー」
ママソ「岩倉にあったはずだわ」
ゆかこ「そうなんだ」

〜〜〜

ママソ「あれ……ないわ」
ゆかこ「ナビナビ」
ママソ「………え」

〜〜〜

ママソ「結局江南まできちゃったやんか」
ゆかこ「安く買えてもガソリン代的なことをかんがえると…」
ママソ「凹凹凹」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上から目線ゆかこ

韓国ドラマ視聴中

ゆかこ「あー私もこんなセリフ言ってみたいわ」
ママソ「ははは」
ゆかこ「『あんたはどっちみち不合格よっ!!』」
ママソ「あんたは言われるほうだわ」

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年7月23日 (水)

鬱カラオケ

@カラオケ

ゆかこ「♪アンインストール、アンインストール」

さきえ「・・・・・・?」

ゆかこ「♪あーいーたーいーひーとーにーはーあーいーにーゆーけー」

さきえ「・・・・・・」

ゆかこ「♪ザ・ファーーーーントム!オブ・ジ・オペラそう・・・」

さきえ「・・・・・・(メール」

ゆかこ「鬱ソングが続くなあ・・・」

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

中の人

中の人
ゆかこ「まさか栄でミッキーが見られるなんて思ってなかったよ〜」
ようこ「かわいかったねー」
ゆかこ「それにしても暑かっただろうなー、ミッキーの中の……」
ようこ「………」
ゆかこ「ミッキーはミッキーだね、はは」
ようこ「そうだね」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

インスパイア

ゆかこ「ねえ、ダッドがゲームセンターでとったっていうiPodのパクリ商品見せて」

ママソ「これだわ」

ゆかこ「ちょwwwwwこれけっこう欲しいんだけどwwwwwwwwww」

ママソ「おもしろいでと思ってもらったわ」

ゆかこ「わかるわかる。こういうの好きだわ」

ママソ「だろー」

ゆかこ「友達とかにも見せた?」

ママソ「まさか、こんな恥ずかしいもん見せるはずないわ」

ゆかこ「あれ?」

参照URL iPodパクリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

ただの女ではありません

ママソ「もう何もやりたくないで食べにいこう」

ゆかこ「やったー」

ママソ「どこいく」

ゆかこ「中華!」

~~~

ママソ「キムチチャーハンと・・・」

ゆかこ「中華丼と水餃子」

ママソ「おいしいわー」

ゆかこ「学食の中華丼と全然違うわ」

ママソ「でもお腹いっぱいだわ」

ゆかこ「そうだね」

ママソ「無理して食べなくていいよ」

ゆかこ「私はそこらへんの女とは違うんだよ」

ママソ「そうですか、ご立派で」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏バテ

ゆかこ「ねえ、トイレのフタの反応が鈍いんだけど。近寄ってもすぐに開かない」

ママソ「そうそう、最近そうなんだわ」

ゆかこ「夏だからか」

ママソ「そうだわ」

ゆかこ「トイレも私もバテてるんだなあ」

~~~

ゆかこ「あれ、トイレのフタさっきより反応よくなってない?」

ママソ「私もさっきそう思ったわ」

ゆかこ「なんでだ?」

ママソ「涼しくなったからだろ」

ゆかこ「あー」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

シックスセンス

ゆかこ「・・・・・・・・・・・・」

一同「カリカリカリ・・・(えんぴつ的な」

ゆかこ「(・・・・・・・・・・・イランの場所を選びなさい・・・・・・・・???」

一同「カリカリカリ・・・(えんぴつ的な」

ゆかこ「(ああああっっ凹イランとかしらん凹凹しかし適当に書けば当たるかもしれないし)」

~~~

帰宅後

ゆかこ「ねー、イランってどこかしってる?」

ママソ「しらん。地図帳あるでしょ」

ゆかこ「・・・・・・・・」

ママソ「・・・・・・」

ゆかこ「アッー凹凹」

ママソ「そんなもんだわ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

特訓の成果

滋賀「初代征夷大将軍は?」

ゆかこ「さかのうえのたむらまろー!!」

滋賀「もう歴史はいいやろ、だいぶやったって」

ゆかこ「そうかなあ」

滋賀「大丈夫やって」

~~~

(試験中)

ゆかこ「(・・・・・・・・・歴史一問もでてねえーーー!!!)」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

またもや地雷

さきえ「そういえば、あのタイムカプセルってどうなったの?もう10年たったよね」

※あのタイムカプセル=小学校の20周年記念の時に学校で埋めたもの。ゆかこ=当時小6、さきえ=当時小4、ペロ=当時小1だった。

ゆかこ「もう11年になるんじゃない?10年後あけるとか言っといて忘れたんだわ」

~~~

ママソ「ゆかこさんお手紙です」

ゆかこ「なに」

ママソ「みてみ」

ゆかこ「ちょwwwwwこれはwwwwwwwww今更タイムカプセルあけるとかwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

白い巨塔的な

ママソ「〓〓病院から先生きてたね」

ゆかこ「研修みたいなものだろうか?」

ママソ「ちょっとイケメンだったな」

ゆかこ「うん、イケメンだったイケメンだった。しかし性格が悪そうだ」

ママソ「イケメンだけに残念」

ゆかこ「そんなもんだわ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターの部

お医者さん「えーと、それで調子はどうですか」

ゆかこ「きわめて、いいです」

お医者さん「症状はいい、と・・・」

ゆかこ「はい」

お医者さん「でも、数値としては・・・まったくよくなっていませんね」

ゆかこ「アッー」

~~~

ゆかこ「ぜんぜんよくなってないんだってー」

ママソ「もー、なにー」

ゆかこ「もう膀胱マスターだわ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試される者

ママソ「ちょっとカーナビ使うわ」

ゆかこ「えっとー・・・せ・い・りょ・・・・・・あれ、滋賀とかになってるんだけど」

ママソ「名前が違うんだわ。出てきた、これだわ」

ゆかこ「あれ、何も言わないよ」

ママソ「なにこの子ー」

※この子=カーナビ

ペロ「きっとそれは・・・様子見なんだわ」

ゆかこ「・・・・・・(ごくっ」

ママソ「なにー・・・試されてるのか私・・・」

ペロ「試されている」

ゆかこ「・・・・・・そうなのか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13歳の私たちへ

(交換日記より)

ゆかこ(中一)「ねえねえ、みほっちは今、好きな人っている?私は前はいたケド今は」
みほ「私もさ〜、Yukakoに言われて思ったんだけどね、やっぱり好きな人っていたほうが毎日楽しいよね!でも欲しいって言ってもらえるようなモノじゃないからね(そう、それが問題)
まぁそのうち現れるよね、好きなのかな?って思える人が…う〜ん」

〜〜〜

みほ(中二)「最近はなんだか5組ってイイなー!と思ってます!!まあ、あいかわらず、男子とはなーんか話さないんだけど…うーん、私って男子が苦手なのかなー??」
ゆかこ「クラスの子たちでカップルができつつあったりする。まったく、私1人とりのこされそうだよ。別にいいですけどね!!フン!これでもいいですけどね!!」
みほ「大丈夫!!私もいるからさ…ハハ…」

〜〜〜

ゆかこ(中三)「でも恋愛っていいね(何を今さら…)私は塾でいい人見つけようかな?山田中は期待できないよね」
みほ「今日、理科の授業の時に先生が「女心と秋の季節」という言葉がありますねと言った時に〓〓が妙に反応していたよ」
※「秋の空」

〜〜〜

ゆかこ(もうすぐ23歳)「………ふぅ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やる気だせ>ゆかこ@中学生

やる気だせ>ゆかこ@中学生
やる気だせ>ゆかこ@中学生
やる気だせ>ゆかこ@中学生
※前回までのあらすじ

弟ペロの小学校時代の写真をみて爆笑していたゆかこだが、中学時代の文章は地雷だらけであった(鬱

一枚目:修学旅行まとめのページ

二枚目、三枚目:交換日記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人のこと笑えないですよ

人のこと笑えないですよ
ゆかこ「ペロが小学校の時の写真があったよ」
ペロ「嫌な予感がするな」
ゆかこ「ちょwwwwこのポーズなんだwwwwwwwww」
さきえ「wwwwwwwwww」
ペロ「あーもう、地雷だわこーゆー写真…」
ゆかこ「待ってwww笑いすぎて涙がwwwwwwしかし私も地雷写真たくさんありそうだな」

〜〜〜

ゆかこ「……この写真は……」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

男子でも

ゆかこ「ねえ、なんでさっきから爪やすりつかってんの」

ペロ「なんでって」

ゆかこ「ずっとやってるじゃん」

ペロ「爪がガタガタしてたらいやでしょ」

ゆかこ「・・・・・・・そうかな」

ペロ「いやだよ」

ゆかこ「そうか・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

ペロリスト

ママソ「お札の上にお菓子(柿ピー)なんか置いて汚いねー」

ペロ「汚いか?」

ママソ「汚いわさー」

ペロ「そうか。じゃあお札に毒を塗ったらかなりの無差別殺人だ。何で誰もやらないんだろう…」

ママソ「うーん、あまりにも不特定すぎるしな…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

姉ちゃんなんかにわかってたまるか

ペロ「スプレーに穴あけるやつどこ」

ママソ「そこらへんにあるでしょ」

ペロ「・・・・・・」

ゆかこ「・・・・・・なんでそんなに何箇所も穴を。一箇所にあければいいじゃん」

ペロ「スプレーに穴をあけるのって好きだから」

ゆかこ「・・・そうか、まあいいけど」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姉の理解を超えて

ペロ「これ(制汗スプレー)、なくなった」

ママソ「なにー、勉強してると思ったらなんでスプレーなんか」

ゆかこ「男でスプレー使ってるヤツなんていないだろう」

ペロ「(無視)」

ママソ「だいたいテスト習慣なのに毛を抜いたり、何をやってるかわからんわ」

ゆかこ「毛?どこの毛を抜くわけ?」

ママソ「すねだわ」

ゆかこ「・・・・・・なんでだ?だいたい痛いだろう」

ペロ「すっきりするから」

ゆかこ「・・・・・・そうか」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Bの悲劇

ゆかこ「この前病院で治ったって言われたのに・・・まだ膀胱炎気味な気がするんだけど」

ママソ「おかしいと自覚している時はほぼ間違いない。明日病院いきや」

ゆかこ「あー・・・いつ治るんだろう」

ママソ「まあ私も膀胱炎にはよくなるし」

ダッド「ババソもそうだし、遺伝だな」

ゆかこ「ババソってw・・・でも・・・ということは、宿命というやつか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口は災いの

ママソ「でも私は女に生まれてよかったと思う。やっぱり出産の経験は男にはできないし、子どもを育てるのも母親の方がいつも近くにいられるから」

ゆかこ「へえ・・・そうか・・・」

ママソ「まああんたみたいに大変な子どもかもしれないけど」

ゆかこ「それはいやだなw」

ママソ「しかもあまり子育てに協力的じゃなかったしね>ダッド」

ダッド「・・・・・・」

ゆかこ「あー」

ダッド「でも最初のほうはよくデートに誘ってあげたよ」

ママソ「ちょっと(怒)「あげた」って何!?何でそんな上から目線なの!!」

ダッド「・・・・・・」

ゆかこ「あー」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

逆の逆

ママソ「私も結婚するなら絶対頼りになる年上!と思ってたけど・・・実際年上でも男なんてガキだわ」

ゆかこ「そうなのか」

ママソ「だから同級生とかと結婚とか絶対やめたほうがいいわ。イライラするわ」

ゆかこ「ふーん、そうだね。あ、でも結婚って結局自分の父親に似た人とするって言うよね」

ママソ「そんなことないわ。私は反面教師だわ。父親がケチだったから絶対ケチな人は嫌だと思ってたら・・・こんな適当な人になっちゃったわ」

ダッド「何をいう」

ゆかこ「ということは・・・私もダッドの反面教師で・・・犬山のじいちゃん(ママソの父親)みたいな人に戻るってことか!」

ママソ「かもしれん」

ゆかこ「私の未来って・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残留予定

ママソ「結婚は相手の家も絡んでくるから大変は大変だわ」

ゆかこ「あー、やっぱり家柄とか宗教とか・・・」

ダッド「確かに宗教は大きいよなぁ」

ゆかこ「私結婚しないかもしれない(唐突)ていうか・・・前から思ってたんだけど・・・私女じゃなくて男として生まれてくるべきだったように思う」

ママソ「確かに私もあんたは結婚できない気がするけど。でも結婚できなくてもこの家からは出てってよね」

ゆかこ「だめなのか」

ママソ「いつまでもおられたらたまらないわ」

ゆかこ「こまったなあ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

はじめての感覚

@京都駅

ゆかこ「じゃあまた八月に!!荷物持ってくれたことにはお礼を言ってあげてもいいんだから…ぁりがと!!」
滋賀「お互いいい顔で会えたらいいな」
ゆかこ「また試験終わったらメールでもしてやんよ!!じゃあね!!」

〜〜〜

ゆかこ「(いつもは名古屋に帰るのが楽しみだったのに……こんな気持ちははじめてだわ……)」
乗客「高校の頃とかはさー、三連休が楽しみで仕方なかったけどさー」
乗客「わかるわかる!大学生になった今はどうでもいいよねー」
ゆかこ「………(寂)………ぁ…」
乗客「あれ……花火だあ!!」
乗客「花火大会でもやってるのかな」
ゆかこ「………(関西最後の夏休みかあ…」

| | コメント (3) | トラックバック (1)

それぞれの道

滋賀「あー、終わったん?>キノピオ@サークル」
ゆかこ「荷物まとめに戻ってきた」
滋賀「もう行く?」
ゆかこ「ガッツとみのり様が戻ってくるみたいだし待つわ。戻ってくるまでには整理するし」
滋賀「忘れ物ない?この本は持っていかへんの?」
ゆかこ「ああ、持ってくやつだった、あぶないあぶない。あとはー、受験票、スーツ、おもちゃ」
滋賀「おもちゃw」
ゆかこ「ガッツがくれたプリキュアセットとかがこの巾着の中に入ってるしね!!」
滋賀「よかったな」
ゆかこ「あとこれ見てー生茶パンダ綾瀬はるかバージョンもガッツが買ってくれた。好きなの選びなさいよ!て言ってた」
滋賀「ガッツwwwww」
ゆかこ「忘れ物は多分ないと思うわ」
滋賀「これ……忘れ物やで」
ゆかこ「!」
滋賀「ガッツが作ってん。みんなのメッセージ、ほら、ひこにゃんの絵を描いたのは俺やし!!」
ゆかこ「………『禁則事項』てのは…」
滋賀「俺やし!1裸で寝ない!!」
ゆかこ「wwwwwwww」
ガッツ「あー」
ゆかこ「あっ、戻ってきた。そろそろいくね。メッセージありがとう」
みのり様「ゆかこっちー、早く帰ってきて」
ゆかこ「うん……じゃあ!!みんな、またね!!頑張ってくるね!!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大人の階段のぼらない

ゆかこ「みてー!マクドクーポン持ってきた!!」
ガッツ「ほんとだー」
ゆかこ「これがハッピーセットのおまけ、写真とってきた」
ガッツ「へ〜〜こんなのがもらえるんだ」
ゆかこ「黄色い犬が欲しいんだけど今日は赤と黒しか手に入らないんだよ!黄色い犬はポテトっていう名前なんだって。で、すべての犬におもしろい仕掛けがあって…(ぺらぺら」
みのり様「あー」
ゆかこ「あ、みのり様もハッピーセットだよね!idogのおもちゃが…」
みのり様「いや、私は普通のでいいから」
ゆかこ「(がーん」
みのり様「別にこれにはときめかないもん」
ゆかこ「………凹……ガッツは…何にする…?」
ガッツ「私はハッピーセットにするけん……」
ゆかこ「おおっ!かいにいこー!かいにいこー!!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

お知らせ

Audio 10K AMR audio

| | コメント (2) | トラックバック (0)

応援

video001.3gpをダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

考えるんじゃない、感じるんだ

Photo

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

ポテキュア

ゆかこ「あっ!!プリキュアー!!ガッツありがとう!!」

ガッツ「なんかこれを見たときに買わなくちゃという気分になった・・・@セブソ」

ゆかこ「ガッツ!!!」

ガッツ「えっ、ネックレスでた!?」

ゆかこ「ネックレスーー!!しかもピンク色だーー!!ついに全部集まった!!」

ガッツ「すごーい」

みのり様「・・・(どうでもいい顔」

ゆかこ「えっとー、4種類が一回もだぶらないで集められる確率は・・・えっと・・・ペンダントが2種類でー・・・・・ガッツ!!100分の7だって!!すご!!」

ガッツ「これでプリキュアに変身できるんじゃない!?」

ゆかこ「変身!!」

Image010 20080707210736

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ロールプレイング

ゆかこ「あーっ、面接の練習やだなあー」

~~~

(前回の練習風景)

先生「ではロールプレイングの練習をします。あなた(ガッツ)とあなた(マイマイ)は英語が通じない中東の外国人、そしてあなた(ゆかこ)は日本人で」

ゆかこ「えっ」

先生「二人はトイレに行きたい、と話しかけて」

ゆかこ「・・・・・・(汗」

ガッツ「うー(お腹を押さえる」

ゆかこ「えっと・・・えっと・・・」

ガッツ「・・・・・・(苦しそうな表情」

ゆかこ「・・・・・・MAP!これMAP!!」

ガッツ「・・・・・・?」

マイマイ「・・・・・・」

ゆかこ「(英語通じないんだっけ・・・」

ガッツ「・・・・・・」

ゆかこ「THIS WAY!!」

ガッツ「・・・・・・???」

ゆかこ「あなたと!わたし!!一緒にいきます!!OK!??」

ガッツ「・・・・・・」

~~~

ゆかこ「あー・・・どうすれば・・・」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

めくれそう

ゆかこ「ちょっとまって、日焼け止めぬる」

滋賀「あー、赤くなるんやっけ」

ゆかこ「黒くなったりするのはいいんだけど皮がめくれるのが嫌なんだよねー」

滋賀「8月生まれって皮がめくれるイメージがある」

ゆかこ「(えっ)・・・そう?8月生まれって言ったらガッツもだけど・・・」

滋賀「ああー、めくれそう」

ゆかこ「・・・・・・(謎」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

そんなおとな

そんなおとな
ゆかこ「みてー、これープリキュアのピン」
ガッツ「あ、ほんとだ」
ゆかこ「実習の時の子がプリキュア好きでつい買ってしまったwwwwセブソイレブソに売ってたんだよ」

〜〜〜

ガッツ「ご飯買いに行こっかなー」
ゆかこ「セブソイレブソ…プリキュアがあるよ」
ガッツ「え……うん」

〜〜〜

ガッツ「はい」
ゆかこ「うわーい、プリキュア!ありがとう」
ガッツ「買うの恥ずかしかった…」
ゆかこ「指輪!指輪なんてあるの知らなかった!!……でも小指にしかはまらない……凹凹」
ガッツ「ひろがると思うよ」
ゆかこ「あっ、リップにピッタリつけられた!!みてー!!」
滋賀「変身できそうな感じやな」
ゆかこ「みてー!!」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

けなげな姿に心打たれた

さきえ@レジ「いらっしゃいませ」
小学生の二人姉妹「(レジにパンを持ってくる)」
姉「これ、あとで食べよーね!(手の平ぐらいの大きさのカステラを持っている)」
妹「うん!」
姉「じゃあこの半分は、お母さんにお供えね!」
妹「えー!半分も?」
さきえ「(なんと・・・この子たちのお母さんはもう。。。)・・・○○円お願いします。」
姉「もうちょっと買えたね、あと一個ぐらい。」
妹「うーん、まあいいや。」
さきえ「ちょうど頂きます、ありがとうございます。あと、これ・・・お金いらないから持ってって。(ちょっと形が悪くてお店に出せないパン)」
姉妹「え?いいんですか?ありがとうございます!(二人で顔を見合わせて嬉しそう)」
さきえ「うん・・・ありがとねー」


Stop! Global Warming ~ Yahoo! JAPAN Earth Project

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車って怖いね

さきえ「私って電車運がないんですよ。。。」
パートさん「え?まだ何かあったの?」
さきえ「はい、通学で瀬戸線に乗ったときなんですが、私は栄から乗るんですけど、栄に電車が到着した時点で爆睡してる男の人がいまして。瀬戸線って栄で折り返しだから、多分瀬戸方面から乗ってきてる人だと思うんです。」
パートさん「うんうん」
さきえ「私はその左隣に座ったんですけど、発車すると電車の揺れと一緒にその人も揺れだして・・・その寝てる人の右隣には男の人が座ってたんですけど、揺れて思いっきりもたれかかってるんですよ。」
パートさん「迷惑だねー」
さきえ「はい、でも正直右側に座らなくてよかったと安心してて・・・でも安心したのも束の間、その後左側に揺れだして、今度は私のほうに来たんですよ!」
パートさん「うわー」
さきえ「もう半端なくもたれてくるんですよ、これぐらいです(パートさんの肩を押す)」
パートさん「それは嫌だね」
さきえ「多分自分でももたれてることに気づいてるんだと思うんですよ、揺れを軌道修正するように今度は前後に揺れるんですけど、、、前に揺れて、今度はそのまままた左に来るんですよ。。私、膝にかばん置いて座ってたので、思いっきりかばんに頭乗っけられる感じになって。でもたまに起きて時計を見るんですよ。で、また寝るんです。」
パートさん「考えろよってねー!」
さきえ「一番嫌なのは周りの視線なんですよね。あー、あの子・・・みたいな感じで目線が痛い。」
パートさん「わかるわかるよー。」
さきえ「席を立てばいいんですけど、なんか立つのもいやらしいので、我慢して10分ぐらい座ってました。」
パートさん「それは、電車運ないねー」
さきえ「はい、なんかそういう時って大抵、「あ!席あいてる!急げー座れー」って思って座ったときに起こるんですよ。欲張って座るからそういう目に遭うんですよね。」
パートさん「うーん。。今度は立ってみて!」
さきえ「はい、そうします。。」

Stop! Global Warming ~ Yahoo! JAPAN Earth Project

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今だから落ち着いて話せるけど

さきえ「この間、終電に近い電車に乗ったんですけど、最悪なことがあったんですよ。」
パートのお姉さん「え?何があったの?」
さきえ「名鉄で名古屋から乗ったんですけど、私と同じく乗ってきた男の人がいて、私が座った席のすぐ隣に乗ったんですよ。私が端から一つ空けたところに座ったので、その人は一番端っこに座ったんですけどね。」
パートさん「ほうほう」
さきえ「座った時点で息がすごい荒いんですよ。」
パートさん「えー?!まさかまさか...」
さきえ「いや、多分想像しているのとは違うと思いますよ。まあ、息が荒いのは、ここまで走ってきたからかなって、初めは特に気にも留めてなかったんですけど、収まるどころか、どんどん激しくなるんですよ。」
パートさん「なになに・・・汗」
さきえ「それで次の駅に着く前にうつむいて、まさかって思った途端に、ゲロゲロ〜って吐いたんです。」
パートさん「ええ?うわぁー・・・」
さきえ「何回も吐いてて、すっごい酒臭くて・・・でもなぜか周りの人、気づいてないんですよね。その人は吐くだけ吐いて名駅から2駅目で降りてったんですけど・・・。私のすぐ前に立ってたおじさんが、背中向けて立ってたので、何が起こったのか気づいてなかったらしく、席が空いたと思ったとたんに何も見ずにそこに座ったんですよ・・・」
パートさん「上に乗っちゃったってこと?」
さきえ「はい、でもすごい冷静なんですよ。気づいてすぐに席を立ったんですけど、顔色ひとつ変えずに、何事もなかったように平然としてるんですよ。」
パートさん「終電に近いとそんなもんなんかなぁ?日常茶飯事みたいな・・・」
さきえ「処理する人が気の毒ですよね。。。でも一番怖いのは、車内の雰囲気なんですよ。誰も何も言わないんですよ、そんなことが起こってるのに。気づいてない人も結構いたんじゃないかと思うんですよ。」
パートさん「「うわー」とかそんなんでもいいから、何か言って欲しいよね、あまりにも無関心って怖いね。」
さきえ「ほんと無関心なんですよね。私はすぐ隣に座ってたってこともあるんですけど、それよりもそんな経験初めてだったので、結構動揺してたんですけど、周りがあまりにも淡々としてるので、ヘタに席を立ったりとかすると、逆に浮いちゃうぐらいで。だからずっと我慢して座ってました。」
パートさん「私がそんなことに巻き込まれたら、どうするかなぁ・・・・?私も立てんかもしれんな。誰か一緒にいればいいんだけど、一人だと何もできないと思う。」
さきえ「そうなんですよね。そういうことって大抵一人でいるときに起こるんですよね。でもそこにいた殆どの人が気づかないってのは本当に怖いです。何が起こってるのか全然知らないってうのは。。。秋葉原の事件を思い出しました。」
さきえ「その後、乗客の一人が見かねて、吊り広告を二枚引っ張って外して、その上に乗っけてましたが。」
パートさん「まあ、それはよかったね。それにしても嫌だねー」
さきえ「はい、もう結構トラウマみたいに、ふとした瞬間にその情景を思い出したりしてましたよ・・・」


Stop! Global Warming ~ Yahoo! JAPAN Earth Project

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イケメンプレゼント2

滋賀「あ、そうだ、これ(さっ」

ゆかこ「・・・・・・?」

滋賀「じゃがいも」

ゆかこ「おおっ、ありがと!!マジで助かる!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使ってしまいました

ゆかこ「じゃあいったんご飯つくりに帰ります」

ガッツ「またねー」

~~~

ゆかこ「ねぎ・・・ねぎ・・・・・・。ん・・・?」

ネギ「しんなり(古いため」

ゆかこ「・・・・・・・・ぅーん」

ネギ「しんなり(口に入れてはいけない感じ」

ゆかこ「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

~~~

ゆかこ「つくってきたよー、マーボーナスと・・・あまりものの大根いため・・・」

滋賀「いただきます」

ゆかこ「・・・・・・」

ガッツ「大根おいしいけん」

ゆかこ「・・・・・・・・・あの・・・そのだいこんの上のネギ・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと気にしてるのに

滋賀「お供えものを作る工程の写真をみたんやけどさ」

ゆかこ「ああ、ガッツが撮ったやつ」

滋賀「俺の顔丸く描きすぎやろ」

ゆかこ「だから直したじゃないか・・・」

滋賀「いくらなんでもあんな丸くないし!!」

ゆかこ「・・・わかったよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西人イメージ

ガッツ「(お供えものに対する)にゃんツンの反応、意外と小さかった・・・」

滋賀「でもあれは特に反応できへんし」

ゆかこ「WAO!なんてことなんだい!?びっくりしてしまったよ!!HAHAHA、なんておちゃめな人たちなんだい!!とか反応しろよ」

滋賀「・・・・・・」

ゆかこ「関西人失格だ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツン二に供えよう

ツン二に供えよう
ホリー「なんかお茶にサプリメントついてた…ゆかこさんいらない?」
ゆかこ「え?なんのサプリメント??にゃんツン(滋賀)にあげたらいいんじゃない??」

〜〜〜

ガッツ「そうだ、にゃんツンにお供えものをしよう。適当なロッカー使って」
ゆかこ「じゃあ私はチロルひとつ(ケチ」
ホリー「うちは…グミを一種類ずつあげよう。これでにゃんツンとの距離が縮まるかも。あれ、そういえばなんで「にゃんツン」?」
ゆかこ「ツンだからだよ。ガッツほどではないけど。とんがりコーンもひとつ備えよう」

・・・

ガッツ「できたー」
ゆかこ「これが似顔絵」
ガッツ「にゃんツンいつごろ大学くるだろ(wktk」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

結婚

ガッツ「手のこの線と、小指の付け根の線の間で・・・」

ゆかこ「え?どこどこ?これ??」

ガッツ「濃い線が自分の結婚する歳をあらわしているんだって。手のこの線が0歳、小指の付け根の線を50歳として・・・」

ゆかこ「私は真ん中くらいだから25くらいで結婚できる・・・え?ほんと?(wktk」

滋賀「俺も25くらい・・・ちょっと上くらいかな」

みのり様「・・・・・え?私・・・・・・線なくない?」

ゆかこ「アッー」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »