« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

ゆかこメモ

ゆかこメモ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

馬鹿レター

ママソ「いい加減(引越しで持ってきた荷物)片付けてよ」
ゆかこ「うん……」

〜〜〜

@ゆかこ部屋

ゆかこ「……?」
封筒「ノカへ(ゆかこの字」
ゆかこ「………(嫌な予感」

友人ノカへの手紙@中学三年
「(ノカ本名)へ
ノカの言うことはそうだと思うけど、やっぱり私が〓〓に勝てるとは思えないっていうか最近自信がありません。
勝ち負けじゃないとは思うけど、私のどこにみりょく(ひらがな!かっこわるい!)があるかわからないし、合唱コンクールもチャンスだったけど全然だめだったしなあー。なんのためにピアノやったのってカンジ。いやピアノを利用するのはよくないか。

この前∞∞に、「〇〇君のどこがいいのー」とけっこうバカにして言われたからムカついて「ここが好きって言えるほうがなんか嘘っぽいよ」と言っちゃった。だからやっぱり私は〇〇君が好きなんだとわかった。気付いた。

私は今まであまり男子を好きとか思わなかったから、正直とまどってるなーと思うよ。
受験だし、河合も忙しくなるかもしれないのに。

ところで河合の帰りに駅で※※を見ちゃった、最悪。ついてないなー。なんかうまくいかないことばかりですよ奥さん。ところで冬期こーしゅー(ひらがなパート2)て五科とる?私は一日勉強するのいやだからいやなんだけど。理社とってもまったく頭に入らない私はどうなってるのか!まとめこうのときも先生がやけに私ばっか見てくるしね。そういうときはとりあえず笑っておきます!じゃーね。

ゆかこ」

ゆかこ「……(これが中学三年の文章か?…凹)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

いろいろな別れがありました

@バイト先

塾長「じゃあ頑張ってな、ほんまに」
ゆかこ「ありがとうございましたー」
塾長「こっち来ることあったら顔出しにきてなー!」
ゆかこ「はい……!」

〜〜〜

小学校@ボランティア先

子ども「せんせーありがとうございました!頑張ってください!!」
ゆかこ「ありがとう…ありがとう、二年生、頑張ってね」
子ども「はい!!」
・・・
教頭「退職したら見に行きたいな」
ゆかこ「あはは、ありがとうございます」
教頭「辛いこともあると思うけど、頑張って下さいね。きっとよい先生になりますよ」
ゆかこ「はい!長い間ありがとうございました!!………」
・・・
ゆかこ「……涙」
タキエ(メール)「今年度のきょうだい間流行語大賞どうする?」
ゆかこ「………」

〜〜〜

@大阪

ゆかこ「キョンさんーありがとうございましたー」
裏「俺らの存在は無視か」
キョン「あまり頑張ろう頑張ろうときばらないで…時間は勝手に流れてくれるから、しんどくなったら「なるようになる」くらいに思ってね」
ゆかこ「はいー(涙」
桃「学校の話、聞かせてね、また…」
ゆかこ「うん……」
修平「ちょっとだけつまらなくなるな」
ゆかこ「ちょっとか」
カトゥー「寂しくなるなあ」
ゆかこ「私も関西を離れると……アニメの話をする人もアニソンカラオケをする人もいないよ……涙」
カトゥー「ゆかたん俺らをなんだと思ってるん?」

〜〜〜

卒業式@大学

ガッツ「ゆかこっち謝恩会こないから、これで最後かー」
ゆかこ「うん、そうだねー」
ガッツ「またいつかどこかで!」
ゆかこ「うん」
・・・
マルサマ@先生「その花、キノピヲから?」
ゆかこ「あ、はいー」
マルサマ「そうか、頑張ってね」
ゆかこ「はいーありがとうございました」

〜〜〜

@駅

滋賀「まあお世話になったと思ってるよ」
ゆかこ「あはは、なんだそれ」
滋賀「せっかくツンにならずに言ってやってるのに」
ゆかこ「それはそれは(笑)……じゃ!!」
滋賀「じゃ!!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

完成

完成
ゆき「こっちも完成しました!上に乗っけてみますね!」

めぐ「おー!すごい!!」

タキエ「うん!!」

ゆき「裏表逆なのが若干気になりますけどね」

タキエ「…うん」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最後まで後輩に指導される先輩なのでした

めぐ「できたー!」

さや「じゃ、そこに並べてみてください」

タキエ「はい!」

ゆき「あの、これって裏表逆じゃないですか?白い方が内側にこないと茶色いのが見えちゃう…」

タキエ「あっ!」

めぐ「なるほど、そうか!やらかした!でももう今更直せないしなぁ」

ゆき「ま…いいんじゃないですか?」

タキエ「わざとこの木目調を出したかったんだってことで」

めぐ「オシャレオシャレ〜」

タキエ「…あーあ。」

めぐ「なんかやっぱり最後のツメが甘いんだよね、うちらは…」

タキエ「気が抜けるっていうかね…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それなりに楽しんでいるようです

ゆき「これはどうやってやるんだ?」

さや「こうでしょ」

ゆき「できた!」

さや「ほらね」

ゆき「ほらねって…wさっきから私が全部やってるんだからね?!」

めぐ「さやちゃん全くやる気なしwww戦争しようって言い出して、いざ始まったら「じゃあ後はよろしく」って高見の見物するタイプだよね?www」

さや「…ジュースでも買ってきましょうか?部費で」

めぐ「欲し〜い!ゼロコーラ!!」

ゆき「でも自販機だと領収書切れないね」

さや@会計係「1000円未満なら領収書なしでもいいんです」

めぐ「横領だ!横領〜www」

タキエ「1000円未満ってことは、999円ギリギリまで横領してやれwww」

ゆき「いや、999円じゃなくても、分割すればいいんですよw」

タキエ「あ、そかwww」

めぐ「横領の知恵がねぇ!!wwwwww」

タキエ「www…ま、ともかくこれは必要経費だよ。これだけ働いてるんだからさっ!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

しっかりせい、先輩

めぐ「えっと…ねじAってどれだ?」

タキエ「これじゃない?」

めぐ「あ、それだわ!これをここに差し込むんだね」

めぐ「んぬっ…固いなぁ」

タキエ「これ、元の穴が小さすぎるし」

ゆき「先輩、そのねじ違うんじゃないですか?だって明らかに貫通するじゃないですか!」

めぐ「あっ!確かに言われてみればそうだよね!w」

ゆき「このねじですよ」

タキエ「うちら出だしから間違ってるしwww」

めぐ「あっ…ちょっと遅かった。貫通しかけてる」

ゆき「あーあ!」

めぐ「シールとか貼ればいいんじゃない?」

ゆき「じゃあ私たちはこっちの棚を作りますので先輩たちはそっちをしっかりお願いしますよ!?」

めぐ「はーい!」

タキエ「あれ?ねじ入んないよ?」

めぐ「逆回しだよ。時計回りだよ!」

タキエ「そうなのか!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女子大の弱み

ゆき「おまたせしました。タクシーで運んできました!」

めぐ「おお…重いね!」

〜〜〜〜〜〜

タキエ「組立て式なんだね…!」

ゆき「ニトリですから。でもこの棚二つと、ちゃぶ台とドライバーすべて込みでも1万円以下なんですよ!」

めぐ「じゃ、組立てよか!」

タキエ「できるかなぁ…」

めぐ「こういうとき男手が欲しいって思うよね。」

タキエ「うんうん」

ゆき「そもそも男の人がいたら組立て式じゃないのを買ってきますよね」

めぐ「うちら女4人で、がんばるしかないね!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

行きたいなぁ、夢の国。

タキエ電話「ブーブー」

タキエ「また電話?今度はペロだ」

タキエ「もしもし」

ペロ「今どこ?」

タキエ「学校だけど」

ペロ「今ディズニーランドホテルにいるんだけど」

タキエ「ディズニーランドホテル?!」

めぐ「いいなぁ〜」

ペロ「なんか欲しいのがあれば買ってくるんだけど、なんかある?」

タキエ「えー?わかんないから適当に良さそうなの買ってきて」

ペロ「(ママソと相談している)」

ペロ「なんかね、ムダなお金使えんから、適当になんて買ってこれんって」

タキエ「あ、そう…。じゃあいいわ」

めぐ「ディズニーランドにいるの?」

タキエ「いや、今日は下宿先の下見に行ってて。寄り道してるみたい。」

めぐ「ディズニーランド近いなんていいなぁ」

タキエ「いや…?50分かかるらしいよ…」

| | コメント (2) | トラックバック (1)


タキエ「おおー!まじでキレイ!!病院みたいじゃないか!」

めぐ「そうだよね」

タキエ「畳もいい匂い♪」

タキエ電話「ブーブー」

タキエ「姉ちゃんだ」

めぐ「え?ゆかこ姉さん?笑」

タキエ「もしもし?」

ゆかこ「一番近いガソリンスタンドってどこ?」

タキエ「ガソリンスタンド?」

めぐ「wwwwww」

〜〜〜〜〜〜

めぐ「意外と低い声なんだね!キャピキャピしてる感じなのかなぁ?って思ってた!ゆかこ姉さんに会ってみたい」

タキエ「遊びにこやー!今ならもれなくペロもいるよwww」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お開きの後

ゆき「じゃあ昨日メールしましたが、この後暇な人は部室の棚の購入、組立てに参加してください」

めぐ「私、学校に用があるし、行くよ。みらい行く?」

タキエ「あー、じゃあ」

〜〜〜〜〜〜

ゆき「じゃあ私たちはニトリで買って来ますので、先輩たちは先に部室に向かっててくれていいですよ」

めぐ「はーい!」

タキエ「そういえば私、部室が新しくなってから一回も行ったことないんだよね」

めぐ「超きれいだよ!エレベーター付きだし」

タキエ「へー楽しみだ♪」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

涙涙涙

めぐ@幹事「本日は先輩方、本当にご卒業おめでとうございます。では、先輩方お一人ずつお言葉を頂きたいと思います。」

先輩「今日は私たちのためにこんな素晴らしい会を開いてくださってありがとうございます。今この歳になって思うのは縁って大切だなぁということです。同期の子にも後輩にも恵まれてとても素晴らしい縁を頂けたと思っています。……ありがとうございました。」

一同「(拍手」

先輩「今日はステキな会をありがとうございます。えっと……(涙)」

めぐ「すいません、もらい泣きしてしまいました…」

タキエ「…(同じく」

先輩「……後にしてください…ううっ…」

〜〜〜
先輩「皆さん言ってますが、本当に人は宝だなって思います。思いやりのある人たちに恵まれて、本当に…私は……この茶道部で良かったと…思いました。」

タキエ「(涙」

先輩「めぐちゃんの幹事の会で卒業できて本当に嬉しいです。」

めぐ「ありがとうございます…」

タキエ「(うわぁー、めぐちゃん、今のは泣けるな…」

〜〜〜〜〜〜〜

めぐちゃん「やばかったぁ」

タキエ「私もこんなに泣けるなんて思わなかった。めぐちゃんは1年生から入部してるからね、私は一年後に入ったのに、生意気に号泣してしまったよ!」

めぐ「いやいや、そんなことないよ」

タキエ「なんか、最近涙もろくなったんだよね…」

| | コメント (2) | トラックバック (2)

人の話は聞きましょう

タキエ「このイカにかかってる黄色いのって何だろう?」

ことこ「おいしかったよ」

タキエ「あ、ほんとだ!」

〜〜〜〜〜〜

店員さん「こちらはシュウマイです」

タキエ「かにシュウマイ??!」

店員さん「このキュウリの上にある黄色いのは…」

タキエ「美味しそう♪いただきまーす!」

ことこ「美味しいね」

タキエ「うん♪(ん?このキュウリは何だろう…?ぱくっ…)」

タキエ「ん…?うぬっ…」

ことこ「どうしたの?!」

タキエ「これって…カラ…ああああー」

めぐ「みらいさん、カラシ食べたの?」

タキエ「うぬ…ぐる…カラシだとは…」

あや「さっき説明してたじゃーん」

タキエ「だって…聞いてなかったもん!(自業自得)さっきのイカの上に乗ってたのと同じものだと…」

ことこ「大丈夫?お茶を飲んだ方がいいよ!」

タキエ「うう…(涙目)ありがとう…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こういった場で畏れ多くこんな話を

タキエ「美味しそうだね!かになんて久しぶり!!」

ことこ「そうだね!」

タキエ「テンション上がるわ!」

ことこ「うん、そうだね!」

よう@隣テーブル「さきえちゃーん!私もさきえちゃんのブログ見たい!」

タキエ「え?あ、うん!遊びにきてー♪」

めぐ@情報提供者「ママソの記事に泣いたよ!しかも電車の中で!」

ことこ「ママソ?」

タキエ「元はママンだったんだけど、ンをソに変える文化があってママソになったんだ!意味わからんと思うけど。笑」

ことこ「さきえちゃんは何て呼ばれてるの?」

タキエ「タキエだよ、弟はペロで、お父さんはダッドで…」

ことこ「面白い家族だね」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

料亭ですから

追いコン@かに本家

タキエ「わぁー!生簀にかにがいっぱいいるよ!」

ショコタン「ほんとだ、すごーい!」

タキエ「ここから一匹ずつ出されて料理されるのか…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通りで張り切っていたわけですね!

@道中

自転車「チリンチリン」

めぐ「てか、こんな都会の街中で自転車に乗ってるほうがマナー違反だよね?!」

タキエ「ほんとだよね」

めぐ「しかも遠慮しがちに鳴らすならまだしもチリンチリン!!って偉っそぉに!!!」

タキエ「腹立つよね」

めぐ「我が物顔で偉そうに通るんだから!!ここはお前の優先道路じゃねぇんだぞ!!!」

タキエ「こういう時、すぐにどいてやるのは癪だから、わざと面倒くさいなオーラを出してやるんだよね」

めぐ「そうそう!チッ!とか言ってみたりして!」

タキエ「うんうん」

めぐ「…あ、この会話、ブログのネタにしてね!!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まるで時期を選んだかのようで

ペロ「コッピーだけどさ、やっぱここに置いてっていい。」

ママソ「いいけど。」

ペロ「こっちに帰って来る時にやっぱ困るし…友達に世話頼むのも心配だしさ」

ママソ「えさは適当にやれるし、水の変え方さえわかれば世話できるで」

ペロ「うん」

〜〜〜〜〜〜

ペロ「あれ?何かおかしいことない?まともに泳いでないよ。」

ママソ「あれ?ほんとだわ…」

タキエ「どうしたんだろう…」

ペロ「これはやばいわ。今日中かも…」

〜〜〜〜〜〜

ペロ「ネットで調べた。口くされ病だって。治療法が書いてある。イソジンを数滴混ぜた水に5分泳がせて…」

タキエ「イソジンないよ!」

ママソ「買ってくるわ」

ペロ「あとは塩水浴とかもあるんだって」

〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜

ゆかこ「…でも尽くせる手は尽くした。かわいそうに」

ペロ「最後を看取れたってことだね。」

タキエ「ちょうど5人揃ってるときに死んでしまうなんてね…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

必要不可欠

ペロ「(下宿先に)爪切り持っていきたいんだけど」
ママソ「持ってきゃ。あと爪みがきもいるんじゃないのかね」
ペロ「あ、そうだ。いるわ」
ゆかこ「そんなんなんでつかうの」
ペロ「爪みがきは要る。絶対要る」
ゆかこ「そうか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしそう

ペロ「………(無表情」
ゆかこ「ペロはおみくじ何だったの」
ペロ「見てない、ていうかこれおみくじだって知らんかった(無表情」
ゆかこ「二人とも一体何を買ったつもりだったんだ」
ペロ「……(無表情」
ゆかこ「……」
ペロ「あ……大吉……」
ゆかこ「お」
ペロ「………♪」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解釈

ゆかこ「私もタキエも末吉だったけど何だった?>お守り」
ママソ「ちょっとなにー、どうやってあけるのこれ。あかんがね」
ゆかこ「紐を引っ張るんだよ。そしたら紙が少し破れて開くことができるから」
ママソ「もういいわ、紐をほどく(イライラ」
ゆかこ「面倒だなw」
ママソ「……末吉だわ…」
ゆかこ「あー」
ママソ「このお守り末吉しか出んのだわ」
ゆかこ「んな馬鹿な」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何を買ったかわからない

ゆかこ「醍醐寺でおみくじ引いた?鈴のお守りがついてくるやつ」
ママソ「ひいたわ」
ゆかこ「鈴は何色だった?」
ママソ「緑っぽいのだわ」
ゆかこ「またか、ペロは?」
ママソ「あの子も同じ色だわ」
ゆかこ「いくら三色しかないとはいえ家族五人同じ色でなくてもいいのにな…。で、おみくじは何だった?」
ママソ「え、これおみくじついてるの?」
ゆかこ「…何を引いたの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ママソ評価

@卒業式

ママソ「あれ、滋賀の子じゃない?」
ゆかこ「あ、そうだわ」
ママソ「こんにちは、いつもお世話になってます」

〜〜〜

ママソ「滋賀の子※は写真うつりがよくないわ。実物の方がいい男だわ」
※我が家ではママソは「滋賀の子」、ゆかこは「滋賀の奴」と言う

ゆかこ「そうかな。まあ写真うつりは確かに悪いな」
ママソ「スラッと背も高いし」
ゆかこ「大学での扱いがひどすぎたから本人に言ったら歓喜だな」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頻度

ママソ「もー」
ゆかこ「?」
ママソ「この蓋しょっちゅうたまに開かんわ!(イライラ」
ゆかこ「え、どっち?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

僕も

ペロ「明日京都行くの?」
ゆかこ「卒業式だわ」
ペロ「ふーん」

(間)

ペロ「僕も行こうかな」
ゆかこ「え」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペロドリーム

今までのペロ:今更受け取った補欠入学の切符により関東進出が決定し、ますます家計を脅かす存在になったペロ。そしてそんな彼が壮大な夢を語っているようです。

ママソ「あんたねー、ディズニーみたいなのはお客さんとして行くのが一番なんだわ。裏を知ったら…」
ペロ「それはわかってるわ」

〜〜〜

ペロ「僕は結構本気でオリエンタルランドに行きたいと思ってるんだけど」
ゆかこ「そうか…」
ペロ「大学に入ったらディズニーでバイトもしたい」
ゆかこ「………(こいつは一体どこに向かっているんだろう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相手に伝わる会話術

ゆかこ「YN君は…※」

※YMDが誇るイケメン。秀才で元サッカー部、長身で小顔のクールな青年。イケメンの話には毎回登場する。

ママソ「でもYN君はちょっと鈴木一郎タイプじゃない?」
タキエ「……」
ゆかこ「イチローかwwなんであえてフルネームwww」
ママソ「「イチロー」ではわかりにくいと思って」
ゆかこ「フルネームの方がどう考えてもわかりにくいwwwwww」
ママソ「なにー」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

浸透

ゆかこ「!」
ガッツ「あ」
ゆかこ「えwwwwwwまさかここ(醍醐寺)で会うとはwwwwwww」
ガッツ「あれ、ママソは?」
ゆかこ「ママソはいない」

〜〜〜

タキエ「さっきガッツさんママソって言ってたなwwwww」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

だいご

今までの経由:ゆかこの原付を取りにわざわざ京都に来たダッド。ちなみになぜかタキエもいるんだぜ。

@醍醐寺

ダッド「共通参拝券三枚」
受付「はい」
隣の男性「N○Kです」
ゆかこ「!」

〜〜〜

ゆかこ「N○Kは何を撮りにきたのかな。有名な人とか来るかな」
ダッド「DAIGOとかじゃないか」
ゆかこ「うーん、つまらん」

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ペロクイズ

ペロ「問題」
ゆかこ「はい」
ペロ「僕は今何キロ(体重)でしょう」
ゆかこ「うーん…49くらいか」
ペロ「48キロでした」
ゆかこ「しっかりしろよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

親心

ペロ「この履歴書だけどさー」

ママソ「あんたちゃんとやったの?ん?」

ママソ「wwwお母さんのクセ教えたろっか?」

タキエ「え?」

ママソ「あのねーwwwやっぱいいわwww」

ゆかこ「なにぃ?」

ママソ「wwwwwwwww」

ペロ「気持ち悪いなww」

ママソ「wwwwww……うっうっ(涙」

ゆかこ「泣くほど面白いんか」

ママソ「違う…今のは違う涙…うっうっ…」

ペロ「ええ?(動揺」

タキエ「…(??」

ママソ「やっぱ〇〇(ペロ本名)がいなくなると寂しいと思って…(号泣」

ペロ「なんで…」

ママソ「こんなに急にバタバタして行くことになるなんて思わんかったから…」

ママソ「ゆかの時はまだ…20歳までこっちにいたし…高校卒業してすぐ…離れて行くのはやっぱりつらい…」

子どもたち「……」

〜〜〜〜〜

ゆかこ「さっきまじでびっくりしたんだけど」

タキエ「うん…」

ゆかこ「何で急に泣き出したんかとあの時はわからんかったけど、ああやってみんなで談笑してることにふと泣けたんかなと思った」

タキエ「突然これからそういうことができなくなるからね。遠いからなかなか会えないし」

ゆかこ「私が3年離れて暮らしてて、やっと帰って来たと思ったらペロが4年離れて行って…ペロが卒業するころは私も28だからうまく行ってれば結婚してるかもしれない。そうなるともう5人揃うことはないのだと、あの瞬間にふと考えたんじゃないかと」

タキエ「なるほどね…」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

撤退

撤退
@京都駅ホーム

ゆかこ「38分に乗るわ」
滋賀「そうや、お守りがあんねん…(ゴソゴソ」」
ゆかこ「えっ、食べ物?」
滋賀「お守り言うたやろ。篤姫のやつやし!これで嫌な同僚にも会わんやろ!」

〜〜〜

新幹線「プシュー(ドア閉」
滋賀「……(手を挙げる」
ゆかこ「(手を挙げる」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジェントルマン

ゆかこ「そうだ、聞いてくださいよー。奴(滋賀)、パソコンの「ホーム」をこの前知ったんですよー。それまでひたすら「戻る」をクリックしまくっていたんだってーアホでしょ」

滋賀「・・・・・・」

~~~

ちょっとまえ

滋賀「・・・え、そこクリックするとトップページに戻るの?」

ゆかこ「え?なにが?」

滋賀「やから、「戻る」をクリックしなくてもその家のやつ(ホーム)クリックしたらヤフーとかグーグルに戻れるん?」

ゆかこ「え、お前何言ってるんだ?え?じゃあトップページに戻るときどうしてたんだよ」

滋賀「ひたすら戻るをクリックしてこれ以上戻れないところまで連打していた」

ゆかこ「っちょwwwwっうぇwwwwwwwwwwそれはwwwwwwwwwwwwwwwwwありえんありえんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwえええええwwwwwwwwwwwwwwwwwwwお前すごいな」

滋賀「(むっ)なんなん、そんなんお前が知ってただけやって」

ゆかこ「ないないないない(×100)これ知らない人・・・まして大学生で「ホーム」を知らない人なんて絶対いない」

滋賀「そんなんわからへんやん」

ゆかこ「だからこんなの最初に知る機能だって!」

滋賀「うちの弟とか知らないかもしれんし」

ゆかこ「ないって(怒)知ってるに決まってるだろう!!じゃあタキエに電話すんよ!!」

滋賀「ぎゃー」

ゆかこ「ぎゃー」

~~~

ゆかこ「ありえませんよねーほんと」

シアン「いや、そういう人もいるかもしれないですね」

ゆかこ「シアンさんはやさしいですねー」

滋賀「・・・・・・(散々馬鹿にされた人」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べまくってから登場

@京都駅

ゆかこ「あーこんにちははじめまして」

シアン「こんにちは」

ゆかこ「「滋賀のイケメン」(一応)です」

滋賀「滋賀です」

シアン「どうも」

ゆかこ「すみません、会ってすぐなんですが胃薬のんでいいですか」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シアン、接触

今までのなりゆき:京都に来たシアンさんとゆかこ・滋賀がついに接触することになったんだぜ!

 

@ポルタスタバ

ゆかこ「うーん?シアンさんはどれだ?」

滋賀「わからへんの?」

ゆかこ「うん」

滋賀「えーでも一人やから・・・(一人でいる人を探している」

ゆかこ「ああ!あの人だ!!パソコンでわかったーw」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白目やら白目やらの中から

tkmg「あ、ゆかこさんこれ※どうぞw」

※三回生が出し物で使った、ゆかこの写真を引き延ばしてつくられたお面

ゆかこ「あ、ありがとう……でもこれどうすれば…とりあえずかぶるか」
ゆゆ「そのお面の写真いいですね」
ゆかこ「多分99パーセントのしょうもない私の写真からまともな1パーセントを必死に探してくれたんだろうね…」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KYYKK

ゆかこ「泣泣泣」
子どもたち「泣泣泣」
ゆかこ「泣泣泣」

〜〜〜

ゆかこ「泣泣泣泣泣」
みのり様「(お別れの言葉」
ゆかこ「泣泣泣泣泣」

〜〜〜

ガッツ@お別れの言葉「……えっと…(ひっく)…ほんどうに……(ひっく」
ゆかこ「……ムズムズ……(ツンが泣いているとなぜか笑いが止まらない)」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

泣いている場合では

@キノピヲ会お別れ会

ゆかこ「うぅうっ(号泣」
ゆゆ「センパイ…(笑)」
ホリー「………」
ゆかこ「(やはりホリーはまったく泣かないんだな…」

〜〜〜

みのり様「……(涙)」
マイマイ「……(涙)」
ホリー「……(そわそわ」
ゆかこ「……ん?」

〜〜〜

あとで
ホリー「うちあの時ほんっっとうにトイレ行きたくてさぁ、でもタイミングがなくてー!お別れの言葉の時がマジで!もうマジでやばくて!!」
ゆかこ「そうか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

嫌われダッド

ペロ「あ、またお腹鳴った。この体質どうにかならんのかな?」

ママソ「お父さんの血だわw」

ペロ「しかも大してお腹空いてないのに鳴るし。入試でもずっと鳴っとったし…」

タキエ「ろくな体質を後世に残してくれなかったな…」

ペロ「ほんとだわ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして現実的な話へと

ママソ「どう考えても赤字になるわ」

タキエ「うーん…」

ママソ「いざという時の為に貯金しておいた分があるけど今がそのいざなのか。あんたたちが結婚する時の資金にしようかと思っとったけど。」

タキエ「別に結婚式なんて挙げなくていいよ。そんなんにお金使うぐらいならその後の生活費とか新婚旅行代に使いたい。」

ママソ「うちがそう思っても相手の家が絶対挙げたいって言うかもしれんし。」

タキエ「どうしてもって言うなら、全額出してくれるならまあ挙げてもいいけどさ。」

ママソ「でもそんなことになったらその後ずっと言いなりだよ、あの時お金出したんだからって。」

タキエ「それは嫌だけど…。でも盛大に式を挙げて一年でスピード離婚っていう例もあるじゃん。それも嫌なんだよね。(後ろ向き)」

ママソ「まあそういうこともあるけど…。歳とってから、あのとき式ぐらい挙げとけばよかったって思う時が来るかもしれんし。」

タキエ「そうかー?」

ママソ「まあ式挙げなかったとしても家財道具を買い揃えたりするのにもお金かかるし」

タキエ「そうか…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

そして破綻寸前

ママソ「あ、受かっとる」
タキエ「何が?」

ママソ「〇〇(国公立大)」

タキエ「すごいやん!」

ペロ「良かったやん(人ごと)」

タキエ「どうするの?」

ママソ「だってこの子東京に行きたくて、ディズニーランドに就職したくてしたくてしょうがないんだもん」

ペロ「ハハハ」

ママソ「こうなったらあんたもう絶対に今年就職してもらわなかんわ」

タキエ「そうだろな」

ママソ「姉ちゃんも就職までに5年かかっとるであんたももしできんかったら留年してもいいと思っとったけど、とてもそんな余裕ないわ…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

疲れていても気は抜かないっぜ!

そして帰るときがやってきました

ゆかこ「あー濃かったねー」

ホリー「足いたいー、ほんっと足いたいー」

ゆかこ「私飛行機絶対爆睡だー」

~~~

でも一応

ホリー「(飛行機の席)トイレの近くにしてください」

係員「わかりました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

度々、涙目

@アートハウス

ゆかこ「(時間あいちゃったなあ・・・」

※今更だけど最終日はゆかことホリーは別行動だったんだぜ

スタッフみたいな人「ショーは見ますか?」

ゆかこ「ショー?どれくらいの時間ですか?」

スタッフ「こちらのショーだと15分くらいですね」

ゆかこ「しかしすべて英語ですよね?」

スタッフ「そうですね。すべて英語です」

ゆかこ「(でも子ども向けみたいだし、ショーだから言葉とかあんま関係ないだろう・・・」

~~~

そして

エンターテイナーっぽい人「ぺらぺらぺーら(当たり前だけど全部英語」

子どもたち「HAHAHA!!」

ゆかこ「(まさか言葉中心の劇だったとは・・・凹」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和ですね

店員「イラッシャイマセ」

ゆかこ「うわー、くまだ。これはシンガポールで作られたテディベアですか?」

※日本語で書いてるけどやりとりは一応英語で話してるんだぜ。通じてるかは知らんけど。

店員「いやー、これは韓国とか中国とか、アジアですね」

ゆかこ「アジアかー。日本からきてアジアのくまを買うのはどうなんだろう。でもこれは私が好きな顔のくまだしな」

店員「お買い得ですよ、これは今半額です」

ゆかこ「じゃあ友達にも買っていこう。でもアジア製のくまだと知ったら・・・」

~~~

ゆかこの頭の中

きりんぐみ「うわー、くまだねー」

ゆかこ「くまだよ、でもシンガポール製じゃないよ」

きりんぐみ「でもかわいいくまだね」

ゆかこ「くまだよー」

きりんぐみ「くまだねー」

ゆかこ「くまだよー」

~~~

ゆかこ「(きっと大丈夫だな・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グダグダイングリッシュでアラブストリート

@アラブストリート

ゆかこ「おおー」

店員「こんなの(扇子みたいなの)あるヨ」

ゆかこ「おー、そーキュート!ぐっどフレーバー!あ、バッグもほしいな」

店員「こっちにたくさんアル」

ゆかこ「ほんとだ!これナイスだね!!妹のも買ってくよ!」

店員「コレ」

ゆかこ「何これ?箱?」

店員「アケテミテ!」

ゆかこ「・・・・・・」

へび「ピョン(箱から飛び出す」

ゆかこ「!!!!!!!!!!!ぬぁ!!」

店員「wwwwww」

ゆかこ「うああーびっくりしたー、オーウサプライズボーックス!!そーファンタスティーック」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アダルティドリンク

ゆかこ「あちー」

ホリー「なんか飲みたい」

ゆかこ「そうだねー、こういうときにビールとか飲めたらさー、かっこいいよねー」

~~~

店員「イラッシャイマセ」

ホリー「ミロ!」

ゆかこ「ミロ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味マップ

前回までのあらすじ:ゆかことホリーはナイトサファリに来たんだぜ!つまりは夜の動物園ってことだぜ!

 

ゆかこ「よーし、歩こう!足大丈夫?」

ホリー「大丈夫大丈夫」

ゆかこ「えっとー、地図あるし大丈夫だねー」

ホリー「そうだねー」

~~~

ゆかこ「わーい!つり橋だ!!うわっ(汗)びっくりしたゆらゆらした」

ホリー「うっわっ!はははwww」

ゆかこ「ひゃはははwwww」

~~~

ゆかこ「・・・・・・あれ」

ホリー「またつり橋だね」

ゆかこ「え、あれ・・・同じ道グルグルしてる?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

のんきなペロ

ママソ「(ペロ本名)が天津飯を作ってくれるって」

タキエ「天津飯?ww」

ペロ「おいしいかどうか知らんよ」

ママソ「作ってくれるなら何でもいいわ」

ペロ「まあ今のうちにレパートリー増やしておいたほうがいいかもしれんからね」

ママソ「もう行く気なの?姉ちゃんが帰って来てやっと5人揃うかとも思っとったんだわ」

ペロ「入れ違いになるかもしれんなぁ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ペロの心配事

ペロ「もし東京行くとしたら…」

ママソ「これから勉強するために椅子を買えっていうから買ってきたのに」

ペロ「椅子って運べるの?」

ママソ「どっちにしろ東京なんてうちの車で運ぶのは無理だわ」

ペロ「もし東京に行ったら*コッピーの世話はどうするの?」

ママソ「そんなんは餌やっとくからいいけど…」

*めだかのような淡水魚。うちで飼ってる唯一のペット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんていうか、こういう奴っているんだよね

@ナイトサファリ

ゆかこ「うわー、わくわくしてきた」

ホリー「うん、すごくわくわくするんだけど!」

ゆかこ「おー!これに乗るんだね!!」

~~~

添乗員「あそこに見えますのが・・・(日本語解説」

ホリー「わーほんとだーあそこにいる」

ゆかこ「え?どこ?どこ?」

~~~

添乗員「そして皆様の右手におりますのが・・・」

ホリー「いたー!あそこだあそこだ」

ゆかこ「え?どこ?」

ホリー「あそこだよー、あそこ」

ゆかこ「え?え?え?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次は英語ができるイケメンと来よう、と誓ったようです

別の店で

店員「お香ドウ?」

ゆかこ「うんお香は買おうと思っていたーかわいいからー」

※思いっきり日本語で話すゆかこ氏

店員「二個でちょっと安くするヨ、三個なら・・・」

ゆかこ「いえっ(汗)ノーノー、ジャストワン!!」

店員「二個なら安いヨ」

ゆかこ「のーせんきゅーのーせんきゅーオンリーワン」

店員「これも買エバ・・・」

ゆかこ「ののののー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦戦

@リトルインディア

ゆかこ「(インドのお香はかわいいし好きだな。みんなにも買っていこう」

お店の人「Japanese?」

ゆかこ「い、いぇー」

お店の人「日本ドコ?トウキョウ、オオサカ、ナガサキ、ホッカイドウ・・・オキナワ?」

ゆかこ「えっと、フロム京都!ユーノーきょうと?」

お店の人「Oh,Kyoto?Yeah!I know」

ゆかこ「うぇ、うぇるかむとぅーきょうと!!」

お店の人「・・・・・HAHAHA,Thank You」

ゆかこ「・・・・・・凹(だめだ英語・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょんぼりしないで

@ホテル

ホリー「大丈夫?うち紅茶作るよ、飲んでね」

ゆかこ「ありがとぅ・・・(さっき戻したため若干元気)私はここで寝てるから買い物いってきてね」

ホリー「うん、じゃあこれ紅茶。いってきまーす」

ゆかこ「・・・・・・(私は何でここで寝てるのか・・・なんで・・・悲」

~~~

ホリー「ただいまー」

ゆかこ「あ、おかえり」

ホリー「ゆかこっちにパンを買ってきたよ、はい」

ゆかこ「あ、ありがとう。結局何も食べてなくて。・・・もうこんな時間・・・ずっと寝てたみたい」

ホリー「そうかぁ。パンを食べなよ!」

ゆかこ「何を買ってきたの?」

ホリー「サンダルとかね。ほら、こんなに買っちゃった」

ゆかこ「そうか・・・(落」

ホリー「はい、これはゆかこっちのだよ。誕生日プレゼントだよ」

※ちなみにゆかこ誕生日・・・8月21日

ゆかこ「えっ、いいの?」

ホリー「うんいいよ。これは二つ買ったんだよ。この色とー、この色」

ゆかこ「ありがとう・・・」

ホリー「どっちか選んでいいよ」

ゆかこ「うん・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助けてくれたあなたは

@オーチャード

ホリー「ねえみて、あれ、モデルたちだよ!」

ゆかこ「うわっ、ほんとだ!!すごいね・・・別世界の人たちだね・・・。しかしなんであんなにたくさんいるのかなぁ」

ホリー「すごい・・・すごいね・・・あんなにたくさん・・・(興奮」

~~~

その後

ゆかこ「あの・・・なんか・・・胃の調子が悪くて・・・」

ホリー「えっっ、大丈夫?どうしよう」

ゆかこ「ごめん・・・ちょっとここに座ってていいかな」

ホリー「いいよいいよ!え・・・どうしよう・・・救護室とかないかな、救護室」

女の人「どうしたの?その子、具合悪いの?」

ホリー「!!」

女の人@モデルさん「「救護室」って言葉が聞こえたからああ日本人だってわかったよ」

ホリー「えっと・・・(やや動揺)・・・友達が具合悪くなっちゃってあの・・・」

モデル「薬とかはのんだ?」

ホリー「朝から飲んでたんです、薬・・・あ・・・モデルさんたちの集まりか何かがあったんですか?」

モデル「オーディションがあったの、ここで。だからね。ところでどうしようね、その子・・・温かいお湯がいいと思うんだけど。あ、そこに病院が」

ゆかこ「(顔色悪」

ホリー「ゆかこっち大丈夫?」

ゆかこ「うぇ・・・」

モデル「あ、そこにタクシー乗り場があるから、そこまでいってホテルに戻るのが一番早いよね」

ゆかこ「(も・・・ものすごく貴重な経験してるのに俺はなんでこんなことに・・・いや、こんなことになったから貴重な経験をしてるのか?いやどうでもいいからとにかくどうにか・・・ぐるぐる」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

痛くて痛くて仕方ない

寺院(ガイドブックが手元にないため名前がわからないんだ)@チャイナタウン

ゆかこ「わー、すずしいね」

ホリー「ここは神聖な場所って感じだね」

~~~

ホリー「あいたー・・・いたた・・・」

ゆかこ「ん?」

ホリー「くつずれができちゃって、水ぶくれになっちゃった」

ゆかこ「ああー凹そうか」

ホリー「つぶしちゃおう、うわっ!すごくとんじゃった」

ゆかこ「(ここでこんなことしていいのかな・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人の性質

@チャイナタウン

ゆかこ「おっおー!すごい!!」

ホリー「うわー」

ゆかこ「へー、チャイナタウンってこんななんだあ」

ホリー「この箸かわいい!おみやげにしようかな」

ゆかこ「ほんとだ、かわいいねー」

店員「日本人は「かわいいー」言うケド、買わないネ」

ゆかこ「えっ・・・あ・・・はあ・・・・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お静かにお願いします

前日までのあらすじ:ホテルの壁がとってもうすく、隣の部屋の声は丸聞こえ。しかもその声が(禁則事項です)だったためにゆかこは気になって眠れなかったんだぜ。

ゆかこ「おやすみー」

ホリー「おやすみー」

ゆかこ「(今日は隣の部屋、やけに静かじゃん」

~~~

しかし

@朝5時頃

外国人@隣の部屋「ワイワイガヤガヤ」

ゆかこ「・・・・・・・・・」

外国人「ワイワイガヤガヤ」

ゆかこ「・・・・・・・・・・・・・(いらっ」

外国人「ワイワイが(ry」

ゆかこ「(怒)!!ドンドンドンドンドン!!(隣の部屋とつながるドアをたたいて)ビークワイエッーーーーー!!!!!」

隣の部屋「・・・・・・・(しーん」

ホリー「ZZZ」

~~~

次の日の朝

ゆかこ「朝方かなりうるさかったよね、隣の部屋」

ホリー「え?そうなの?知らなかった」

ゆかこ「で、あまりにいらついたからドアをどんどんたたいて・・・たたいてやったよ」

ホリー「あははwそうかぁ」

ゆかこ「(「ビークワイエッ!!」は黙っておこう・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポールの有名なあの方

ゆかこ「マーライオン!!」

ホリー「!!」

ゆかこ「・・・」

ホリー「・・・」

ゆかこ「・・・・・・・なんもみえんね」

ホリー「うん・・・」

※マーライオンはゆかこらの旅行のちょっと前に落雷で破損して、ブルーシートがかかった状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語でしゃべれないと

二日目のようです。

ゆかこ「えっとー、この道を渡ればいいんだ」

ホリー「うち地図よめないからわからないやぁ」

ゆかこ「この二人だと不安だなああはは」

~~~

数分後

ゆかこ「だめだ・・・この道を渡ればいいってわかってるのに横断歩道が見つからない・・・」

ホリー「誰かに聞こう。エクスキューズミー!」

親切な通りすがり「オーイエー、ぺらペーら、ぺらぺーら」

・・・

そして

ゆかこ「さっきの人が親切だっていうことだけがわかったね・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆかこと激しい夜

ゆかこ「おやすみー」

ホリー「おやすみー」

~~~

ゆかこ「・・・・・・」

外国人@隣の部屋「(禁則事項です」

ゆかこ「・・・・・・・・・・・・(だめだこの中で寝れない」

外国人「(禁則事項です」

ゆかこ「(あああああ、私は中学生男子と何もかわりません神様!!こんな中寝られるわけがなかろう!!なかろう!!あああああ気まずいよホリーはもう寝たのかな、気になるけど見れないよああああ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この二人では表現が広がりません

@フードコート

ホリー「せっかくだから海鮮系が食べたいなあ」

ゆかこ「そうだねえ」

ホリー「エビおいしそー!HowMuch?>店員」

店員「12$(くらいだったはず)」

ゆかこ「800円くらいかー」

ホリー「ええー800円!?たかくなーい!?ディスカウントプリーズ!ディスカウントプリーズ!!」

~~~

ゆかこ「こ・れ・わ!!」

ホリー「おいしい!!」

ゆかこ「おいしい!!」

ホリー「本当においしい!!}

ゆかこ「うんおいしい!!」

ホリー「おいしい!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリーの発想力

@ホテル到着

ゆかこ「あのさ・・・本当にたいしたことないんだけどあの・・・これ、(おもちゃの)誕生日ケーキ」

これのこと。ゆかこの知人友人はこれを絶対もらう。

ホリー「えっwありがとう」

ゆかこ「で、ちゃんと接着剤でくっつけてきたはずだったのに、スティッチがとれちゃった・・・凹家に瞬間接着剤ってある?」

ホリー「ああ、あるよあるよ」

ゆかこ「そうか、よかった」

ホリー「でもとりあえず・・・これ(アイプチ)でくっつけておこう」

ゆかこ「えっっ、それで?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなわけで無事

@空港ロビー

ゆかこ「さっき入国のときにサンキューとか言ってたけどどうしたの?」

ホリー「あの係の人がパスポートみてハッピーバースデーって言って、あめをこんなにくれたんだよ」

ゆかこ「うっわwすごいね」

~~~

ゆかこ「おお!!あつ!!」

ホリー「ほんとだ!!」

ゆかこ「あっつ!!!あつ!!!!シンガポールあつい!!(テンション高」

ホリー「既にあつい!!あつい!!(テンション高」

ゆかこ「私脱ぐよ!!あっつ(テンション高」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆかこ英語力

@シンガポール着

ゆかこ「ふえー、長かったね。でも映画見られたしよかった」

ホリー「そうだねー、うちも」

ゆかこ「うわっ!あれ!!入国にすごく並んでる凹先にトイレに行っておこう」

ホリー「そうだね」

※この二人はトイレの近さにおいては最高のパートナーなんだぜ

~~~

ゆかこ「どうしよう・・・英語でなんかめっちゃ言われたとしても私答えられないよ」

ホリー「なんかきかれるかなぁ」

ゆかこ「とりあえず日本人らしくソーリーソーリーいっておくか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎回このネタは入ることになってます

@飛行機

ゆかこ「本当にトイレの近くだ!やったー!この安心感は半端じゃない」

ホリー「ほんとだねぇ、よかった」

CA「機内食はどちらになさいますか」

ホリー「こっちで」

ゆかこ「じゃあ私も」

~~~

ゆかこ「機内食おいしいけどこれ食べ終わるまで机が閉じられないからトイレにいけないね・・・(ガクガク」

ホリー「そうだね・・・」

ゆかこ「(なぜ私はさっきからトイレトイレ言ってるんだろう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頻尿に怯えて

これからのあらすじ:韓国から帰ってきたゆかこは、シンガポールにも行くことになったんだぜ。韓国に一緒に行った「福井のシンデレラ」ホリーの友人のドタキャンにより代打としてよばれたんだが、暇なのが俺しかいなかったらしいんだぜ。ちょっと複雑な思いもあるがそこは気にしないんだぜ。

 

@関空

ゆかこ「こんどはパスポート忘れないようにしよう・・・しっかり手に持って・・(ぶつぶつ」

※前回旅行記事参照

ホリー「ほんとだよぉ。気をつけなきゃだよ」

ゆかこ「あと心配ごとは・・・」

~~~

ホリー「あの、(飛行機)トイレの近くの席がいいんですけど!」

ゆかこ「・・・・・・・!!(期待の目」

おねいさん「はい、わかりました」

ゆかこ「(やったー!!」

ホリー「(やったー!!}

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

ついに来ました、名古屋に!

CM「ジャーーーーーーン、ジャジャジャジャジャーーーーン、ジャジャ・・・・」
タキエ「おお!?」
CM「劇団四季オペラ座の怪人、名古屋上陸!」
タキエ「おおー!!!!来るのか!!」
ママソ「・・・・(無関心」
ペロ「(同上)」
タキエ「・・・(感無量!)絶対行くよな!>姉」


Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それ以前の問題でした

タキエ「この会社、もうすぐエントリーシート締め切りだから書かなきゃな。でもここ勤務地が東京なんだよね。受けようかな。どうしよっかなぁ」
ママソ「東京かあ」
タキエ「まあ出すだけ出すか。プリントアウトしよっと」
エントリーフォーム「エントリーしていただいた方にはエントリーシートを配送しました。」
タキエ「あれ?」
ママソ「ん?」
タキエ「捨てたわ。エントリーシート」
ママソ「捨てた?!ww」
タキエ「捨てた」
ママソ「・・・」
タキエ「まあいいやー!どうせ東京で就職なんてしたくないし!いいやいいやー!!」


Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とりあえずの朗報

ママソ「(ペロ本名)の〇〇(私大)の合格通知が届いたわ!」

タキエ「え?まじで?!よかったやん」

ママソ「ただ迷ってるわ」

タキエ「行くか浪人するか?」

ママソ「第一希望だったら間違いなく行くし第三希望だったら間違いなく浪人するけど、第二希望のところだから迷うんだわ。」

タキエ「確かになぁ…」

ママソ「でもとりあえず一つでも受かって良かったわ。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鬱スパイラル

タキエ「でもめぐちゃんはいいよ、公務員の勉強もしてるし。公務員受かるよ!」

メグ「そんなことないよ、最近勉強できてないし。就活と両立するの難しいし、どうしようかなって思ってるよ。」

タキエ「そっか…両立は大変だもんね」

メグ「そうなんだよね…」

タキエ「はぁー」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仲間の愛しさ

タキエ「就活どんな感じ?」

あやか「毎日説明会に行くよ!」

タキエ「え?毎日?!」

あやか「一日に2社とか3社回ることもあるよ。1日に2社回らないと就活してる気にならないんだよね。」

タキエ「そ、そうなんだ。(私就職できんかも。。。)めぐちゃーん!あやかが毎日説明会に行くって、しかも1日に何社も!」

メグ「え?まじか…私就職できんかも。。。」

タキエ「そう思うよね!(良かった)」

メグ「口から生気が抜ける…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もはや文化です

メグ「最近コナソ見てる?」

タキエ「あー見てないんだぁー!」

メグ「私も見てなーい!」

タキエ「メイタソテイ…」

メグ「メイタソテイコナン…あっ!コナソだったwww」

タキエ「あー!気の緩みが!www」

メグ「気が抜けたーwww」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファンの皆さんありがとうございます(言ってみたかった)

メグ「ゆかこ姉さん最高だわ!」

タキエ「え?www」

メグ「いつもブログ見て笑ってるよ。このブログykにも教えておいたよ!」

タキエ「それは嬉しいわ!」

メグ「前みんなでカラオケ行った時もみんな歌わずに携帯でブログ見てクスクス笑ってたもん」

タキエ「ええー?www時間の使い方が間違ってるwww」

メグ「ゆかこ姉さんが「じゃがいもに似てます」って返してくれた時「どう返したらいいんだろう」って彼氏と悩んでさぁー!笑」

タキエ「そんな気を遣わんでもいいのにwww変な人だから」

メグ「しかも女王っぽい=メークインとか言ってマジうけるわwww」

タキエ「どちらかっていうと男爵っぽいけどね」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

キョンさんと僕

ゆかこ「キョンさんにももうこうやって会えなくなりますね……寂しいです」
キョン「そうですねー…もう名古屋に帰らはるんですねー…」
ゆかこ「よく一番好きなことを仕事にしてはいけないと言いますね。最近そのことが頭にひっかかるのです」
キョン「たしかにそういう部分はありますね、理想と違ってがっかりしたり……しかし俺も一番就きたかった仕事に就きました」
ゆかこ「そういえばキョンさんもずっと警官になりたかったんですよね」
キョン「しかし、たしかにそんな言葉はありますが、俺は警官も教師も「一番なりたかった人がなるべきだ」と思ってます。それに、二番目になりたかったものなんて、俺はわかりませんでした」
ゆかこ「そうですねぇ、そうですよね」
キョン「関西はおもしろかったですか?時に欝陶しい連中だったとも思うんですけど(笑)」
ゆかこ「たとえば何か騒動が起こった時に、「今自分が乱入したら騒ぎが余計に大きくなるからここは黙って見ているのが正解」というタイプの人にずっと囲まれてきました。私自身がそうですから。
でも私は、騒ぎにあえて入ってきて、俺はお前の味方だと私の前に立ってくれる人がいたことが嬉しかったんですよ、本当に。こういうのわかりますか?」
キョン「たしかにいつもわーわー騒ぎ立ててちゃいけないとは思います。しかし俺は個人的にはそれだけでもあかんって思うんですよ。時にはその人の前に立って、守ってあげなきゃ」
ゆかこ「私はできませんねー…」
キョン「俺自分では関西人らしくない関西人だって思ってたんですが、実はすごく関西人だったみたいです(笑)」
ゆかこ「あはは、そうですねー」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

母も強くない

ママソ「しかも後期の発表はもう見ないとか言ってるわ。意味がわからんわ」

ゆかこ「後期はどうせ志望大じゃなかったからどうでもいいのか・・・」

ママソ「もう不合格にも慣れたわ、はははwww」

ゆかこ「はははwww」

ママソ「本当は何も笑えないwww」

ゆかこ「・・・・・・凹」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺロと大学受験

ゆかこ「ところで結局ペロは大学はどうなったの?」

ママソ「ほんとにあの子はだめだわ。私立も前日に赤本買った上にまったく見ようともしないしな」

ゆかこ「後期は結局受けたんだっけ」

ママソ「前日の夜0時になって「明日やっぱり受けないかん?」とか言って「そういうことは新幹線を取る前に言え」と言ってやったわ。お金かかっとるのに」

ゆかこ「(え?そこなの?」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

姉に悪気はないようです

ゆかこ「ほらこれ」

ダッド「・・・確かにこれはさわやかにうつってるな」

ゆかこ「ここにもうつってるよ」

ダッド「あとこれは集合写真だからうつってる」

ゆかこ「ほんとだ、これもなかなかさわやかにうつっているじゃないか。あいつ一体どうしたんだ」

・・・・・・

ぺロ「(ボーッ」

ゆかこ「ねえ、絶対このアルバムみたいにメガネなしのほうがいいと思うよ」

ぺロ「そうかな」

ゆかこ「そうだよ。メガネがあると冷酷な性格を際立たせてる感じだよ」

ぺロ「そうか・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ママソ成分

ゆかこ「でもぺロって小さい頃本当にかわいかったんだよね。きょうだいの中でも一番整った顔だと思うんだけど」

ママソ「だから私に似たんだがね」

~~~

ゆかこ「・・・ってママソがいってたよ」

ダッド「なにー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうでしたっけ

ゆかこ「あ、これぺロの卒業アルバム?」

ママソ「そうだわ。なんか卒業式もすごく楽しい式だったわ。送辞や答辞が面白いことばっかり言うんだわ」

ゆかこ「へー。私なんて高校の卒業式一ミリも覚えてないけどねー・・・ん、ぺロどこだ?>卒業アルバム」

ママソ「これだがー」

ゆかこ「おおwwwwwwwwこれすごいイケメンにうつってるじゃないかwwwwwwwwwwwww」

ママソ「あの子はお母さん(自分のこと)に似て顔はイケメンなんだわ」

ゆかこ「ふーん・・・」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

さて総括

ゆかこ「今日はあれだねー。アニメイトにいけなくて(閉店時間だったため)残念だったよね」

滋賀「ちょっとまて、今日はアニメイトの日じゃないんやぞ。他にいろいろあっただろう」

ゆかこ「しかしオーストリアさんが買えなくて残念だったよ・・・」

滋賀「違うやろ。メインはそれじゃないしな?」

 

ということで

次回「ゆかこの市バスで京都巡り」「ゆかこと宇治の旅」に続く。かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐突に

ゆかこ「すぐに笑う女っているだろう?あれ一体なんなんだろうね?あーいうのはねーあれだよ、男に「私は笑いの沸点が低いのぉ」ってアピールしてるんだよ」

滋賀「んー・・・」

ゆかこ「笑わない女より笑う女の方がかわいいだろう。だから全然たのしくねーことでもわざとらしく笑うんだよああいう女は」

※誰かに恨みがあるわけでもないのにやけに喧嘩口調のこの人

滋賀「そしてそれに騙される男、か」

ゆかこ「そうだよ本当に男は馬鹿だよまったく」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イケメンと萌えフィギュア

今までのあらすじ:若者の集うナウな(古)四条で、ゆかこさんは己の道を行っているようです。

 

ゆかこ「ここが私がよく来るフィギュアショップなんだよ」

滋賀「入るのかよ」

ゆかこ「いやー、ここは結構広くカバーしているんだよ。いわゆる萌え系だけじゃなくってディズニーとかあるし、ほら、そこには新撰組もあるよ」

滋賀@新撰組好き「あ、ほんまや」

ゆかこ「四条に来るときってなんだかんだで最後ここに来ちゃうんだよな」

滋賀「へー・・・すごいな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆかこと四条日記

ゆかこ「アニメイトいこうぜ!!アニメイト!!」

滋賀「ええー凹またかよ」

ゆかこ「ここまで来たら行くしかない」

滋賀「なんでや・・・」

ゆかこ「ほら、顔の腫れもひいたし、「いかにも腐女子」オーラは減ったと思うんだよね。だから前より行きやすいような。・・・つまりあれだよ、アニメイトに現れた、一人の天使!!」

滋賀「と、イケメン!!」

ゆかこ「・・・・・・・・そうか」

滋賀「・・・・・・・・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀ドッキリ

@マックド

ゆかこ「なあなあ、あそこのイスにファイル(指定されたセットメニューでもらえるWBC応援ファイル)が置きっぱなしにしてあるんだけど」

滋賀「・・・・・・ん?ほんとだ」

ゆかこ「あれっていらないからあそこに置いていったんじゃないのか?もらっていいんじゃないのか?」

滋賀「ううーーん、でも戻ってきたら・・・」

ゆかこ「いやそんな・・・・・・・・(はっ!!)まさかこれってドッキリじゃないか!?誰かが置いていったファイルを手にした瞬間「あ、今周りを気にしながらファイルを手にしました」とかなってるんじゃないか!?」

滋賀「誰が俺らなんかドッキリするんだよ・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空腹時ミステリー

今までのあらすじ:ゆかこはある報告書をたくさん作成しなきゃいけなくなって、滋賀に手伝ってもらっているんだぜ

ゆかこ「うあー、お腹すいたー。マック・・・」

滋賀「行っとくけどお前四条に行くのはマクドのためやなくてJTB(旅行の申し込み)のためやからな?マクドはついでやし」

ゆかこ「だめだもう今から1時間以内に食べないと死ぬ」

滋賀「またそれか」

ゆかこ「そういえばこれ、封筒に入れないのを2部つくりたいんだけど」

滋賀「じゃあ折っちゃわないように最初に2部よけとけよ」

ゆかこ「うん・・・・あああそれにしてもお腹がすきましたなあ」

~~~

ゆかこ「・・・・・・・・」

滋賀「なんとか間に合いそうやな」

ゆかこ「あれ、全部折っちゃったんだけど」

滋賀「(怒)だから最初に折らないようによけとけって言ったやろ」

ゆかこ「よけておいたのに・・・勝手に・・・折り曲げられていた・・・不思議だ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

また行きたいな、韓国!

修平「あとはどんな話を?」

ゆかこ「韓国の男性は背が高くて、ロマンチストが多い。軍隊へ行く悲しみを歌にして彼女へ贈ったりする」

修平「・・・・・・?」

ゆかこ「そして誰かと違って優しいんだぜ!」

修平「俺は・・・半分アメリカ人だから・・・日本人とは多分ちょっと違うはず・・・」

ゆかこ「ふーん・・・」

修平「で!料理はどうだった!?うまかっただろ!?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しかった思い出

ゆかこ「それにしてもトイレばっか行ってたよー韓国でも。そして私はついに韓国の友人にまで大丈夫?といわれた」

修平「すごいじゃん」

ゆかこ「なにが・・・」

修平「世界へ羽ばたけ膀胱炎」

ゆかこ「膀胱炎は・・・なぜ・・・トイレが近いのだろうか・・・凹」

修平「なぜって、膀胱炎だからだろ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出話

修平「おー、お帰り。お土産は」

ゆかこ「はい、韓国のりと、頼まれてた・・・」

修平「パック!ちょっと最近スキンケアにも力を入れるようになったんだよ智広じゃないけど。イケメンは大変なんだ」

ゆかこ「あーはいはい・・・」

修平「韓国の友だちはどうだった?どんな話した?」

ゆかこ「えっと・・・日本の男が・・・小さい・・・とか・・・頭をぽんぽんとかしない」

修平「もうちょっとまとめてから話してくれ」

| | コメント (2) | トラックバック (3)

次回予告的な

ホリー「シンガポールに行くっていってたじゃんか、うち」

ゆかこ「あー、うんうん」

ホリー「あれ・・・中止になるかも・・・(沈」

ゆかこ「えっっ」

ホリー「一緒に行くつもりだった子が研修をどうしても休めないって。それでみんなにきいてるんだけどみんな忙しいんだって」

ゆかこ「そうか・・・それは残念だね・・・」

・・・

次の日

ホリー(メール)「ゆかこっち、うちとシンガポールいかない?」

ゆかこ「えっ!!」

 

ということで「シンガポール編」に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後まで気を抜かないでね

@京都駅

ゆかこ「ふぁー、疲れたね」

ホリー「そうだね・・・寝よう」

ゆかこ「旅行中全然寝てないもんねwじゃあまた・・・」

ホリー「またねー」

~~~

ぺロ「もしもし」

ゆかこ「もしもし?何?」

ぺロ「関空から忘れ物がありましたって電話があった」

ゆかこ「!!えっ凹なんだって?」

ぺロ「それは言っていなかった」

ゆかこ「ええー凹なんだろ」

・・・

関空「パスポートを忘れていらっしゃいました」

ゆかこ「パスポート!!!(一番忘れちゃ駄目だろ俺!!」

関空「近いうちに関空に来る予定はありますか?」

ゆかこ「はあ・・・ないですねぇ・・・」

関空「では着払いでお送りすることならできるんですが」

ゆかこ「お願いします・・・」

~~~

ママソ「着払いで720円払いました(怒」

ゆかこ「ごめん・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファジャンシル

ゆかこ「帰りの飛行機の席は通路側がいいなー・・・行きはトイレに行けなくて大変だったし・・・」

ホリー「そうだよねー」

~~~

空港スタッフ「すみません、席が一番後ろ(トイレ前)になってしまいます」

ゆかこ「!!」

ホリー「いいですよ!」

ゆかこ「おおっ!!」

~~~

そして

ゆかこ「トイレの前なんて・・・この安心感はすばらしいね・・・」

ホリー「うん・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋台にもいったよ

ゆかこ「もう23時だねー。夜どうしよう・・・このホテル、近くに何もないからね・・・」

ホリー「お腹すいたよねーどうしよう・・・」

ゆかこ「どうしよう」

ホリー「どうしよう」

~~~

どうしようどうしよう言い続けて20分後

ゆかこ「とりあえずここにいても何も食べられないからどっかいこう」

ホリー「そうだね」

~~~

ゆかこ「屋台入ってみる?正直ちょっと緊張するけど」

ホリー「うん・・・大丈夫かな・・・」

ゆかこ「だいじょうぶ!行こう!(根拠なし」

店員「・・・」

ゆかこ「えっと・・・これ・・・トッポギください!あと、これ(隣のテーブルの食べ残し)なんですか?」

店員「うどん・・・」

ゆかこ「うどん!じゃあトッポギとうどんください」

・・・

ゆかこ「おいしいーーーあったかいね」

ホリー「うどんおいしい!」

ゆかこ「屋台で夜なんて、現地の人みたいだよね!来てよかったね」

ホリー「なんか本当に濃い3日間だったね・・・初日からとばしたよねw」

ゆかこ「うん・・・」

ホリー「大満足だよ」

ゆかこ「そうだね」

ホリー「えっと・・・お会計をお願いします(ガイド本を見ながら」

ゆかこ「いくらかなー・・・」

ホリー「いくらですか?>店員」

店員「○×△」

ゆかこ「わからないね・・・」

ホリー「えっと・・・(ガイド本の数字のページを開いて)これ、どれ?数字」

ゆかこ「うーん、わからないなあ。ペンで書いてもらおうか」

店員「9000ウォン(書」

ゆかこ「9000ウォン!?日本で600円ちょっとだね。二人で。うどんふたつとトッポギでこんなに安いんだー」

ホリー「ありがとう、これ、ましっそよ!(おいしいです・・・過去形でいえなかったホリーさん」

ゆかこ「あはは、ごちそうさまでしたー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

さて、旅が終わりに近づいてきたようです

ヘジン「それじゃあ二人とも、げんきでね」

ゆかこ「日本にも遊びにきてね」

ホリー「ありがとうー」

ミヒョン「ああー!」

ゆかこ「あっ!!本当にどうもありがとう」

ミヒョン「いえいえ」

ゆかこ「またねー」

ホリー「ばいばい!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

具体的に動かなきゃ

ヘジン「ミヒョンとはここでよく遊ぶの」

ホリー「若者だらけだね。四条みたいな感じかな?」

ヘジン「そこに大学があるからね」

ゆかこ「あー、それでー。やっぱり若者が多いと活気があるね」

ヘジン「私今日は6時にオッパと会うの。だからここで待ち合わせするの」

ホリー「合コン?」

ヘジン「合コンじゃないよー。でもだから今日はちゃんと化粧してきたの。二人がくれたやつ(日本のコスメ)ね」

ゆかこ「気合い入れてるじゃんwwwwwww」

ヘジン「ゆかこももっとがんばったらいいのに。駄目だったらすぐ次よ」

ゆかこ「えー・・・私は別に今のままでいいっていうかー・・・」

ヘジン「そんなのだめよ!だめ!}

ゆかこ「そうかな・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

制服萌えは共通でした

ゆかこ「あっ、何かやってるよ?韓国の伝統的な何かだね」

ヘジン「あの男かっこいいね」

ホリー「えー、そう?」

ヘジン「どうやら私は制服(今回の場合伝統衣装)に弱いみたいだ」

ゆかこ「はははwわかるわかるww私もスーツ着てる男性好きw」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり食べてます

@昼食

ゆかこ「チゲもチヂミも美味しいね、止まらないよ」

ホリー「チヂミおいしいー」

ゆかこ「ビビンバ食べていい?」

ヘジン「いいよー」

~~~

ヘジン「おなかいっぱい・・・」

ゆかこ「まだ食べれる感じだけどなあ」

ホリー「うちも」

ヘジン「すごいね・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敬礼

ヘジン「ごめんごめん」

ゆかこ「いいよー、昨日は私らが待たせたし・・・」

ヘジン「今日は警察が多いね」

ゆかこ「うん、何かあったの?」

ヘジン「今日はデモがあるみたい」

ゆかこ「あー、なるほど」

ヘジン「あの警察は軍隊に行ってる子たちだね。ほら、みんな若いでしょ?」

ゆかこ「あ、ほんとだ。かっこいいなあ」

ヘジン「向こうも日本の女の子がいると気になっているはずよwあんな(真面目な)顔してるけど話しかけてほしいと思ってるよ」

ゆかこ「はははwww軍人とはいえまだ若いんだもんねー。それにしても軍隊はすごいなー・・・うちの弟(ぺロ)や男友達とか絶対無理だ・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆかこの宝物

ゆかこ「よーし免税だ!」

ホリー「とりあえずママソに頼まれてたの買わなきゃ」

~~~

ゆかこ「じーっ」

店員「いらっしゃいませ。それ日本より1万円くらい安いですよ」

ゆかこ「財布(クロエ)・・・これかわいいですね。いくらですか?」

店員「4万くらいですね」

ゆかこ「4万かあー欲しいなクロエ・・・これずっとほしくて・・・」

店員「他の免税店ではもう売り切れてますねー」

ゆかこ「うーん・・・ちょっと考えてみます」

店員「はいー」

~~~

ゆかこ「(この財布、ママソがくれたものだしな。6年使ったけど・・・もうちょっと使おう・・・!」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

さらんへよ

ホリー「韓国は記念日とかもすごいよね!何ヶ月記念、とか」

ヘジン「日本はないの?」

ゆかこ「うーん・・・女の子はそういうの結構好きなんだけど男はなあ・・・なんかさっきから日本男児がすごくクールに思えてきた・・・」

ヘジン「たとえばうちの弟は、ホテルをとって、花でハートを作って、自分で作った歌を歌ったらしいの。俺は軍隊に行くーこの悲しみーみたいな歌ね」

ゆかこ「wwwwwwwwwwwwwwwwww」

ヘジン「そういうの結構あるよ」

ゆかこ「面白いなあ韓国」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日韓でだべってきました

ゆかこ「韓国の人って日本人より背が高いきがするよー」

ヘジン「韓国では男は180ほしいよね。175あればまあいいかな」

ゆかこ「日本男児の大半が駄目じゃないか・・・凹日本では170あればまあいっか、って感じだよ」

ヘジン「ええっ170!?それは・・・」

ゆかこ「厳しいなー」

ヘジン「韓国の男は日本の女の子が好きね。ちっちゃいし、声が高いからかわいいんだよ」

ゆかこ「なるほどー」

ヘジン「韓国の男は「オッパ(お兄ちゃん)」と言われるとみんな喜ぶの。だから日本の女の子が「オッパ!」って言えばもう完璧だよ」

ゆかこ「オッパ!」

ホリー「オッパーー!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界のみんなでイ・ケ・メ・ン

ホリー「かっこいい男性は「イケメン」って言うよ」

ミヒョン(ヘジンの友だち)「いけめん」

ヘジン「イケメンねー、知ってるわー

ゆかこ「イケメン ほしい」

ホリー「イケメン」

ヘジン「韓国語ではコンビナン(花美男)かな。でもこれは女が好きな言葉で、男は言われるとちょっと照れるよ」

ゆかこ「うーん、日本でいう「美男子」ってとこかな?こんびなーん」

ミヒョン「いけめんー」

ヘジン「韓国でもイケメンはもうとられてるか、ゲイね」

ゆかこ「残念」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆかこと男性

ゆかこ「韓国のカップルは結構くっついているよね」

へジン「男が女の頭をこう(ぽんぽん)することとか多いよ」

ゆかこ「ええーーー、そういうのいいなああああ」

へジン「日本よりは、そうね、くっついているね」

ゆかこ「私が頭をぽんぽんされるときは馬鹿にされてるときだよ」

へジン「そんなことないよ・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやいや日本男児だって

ゆかこ「ガイドさんが韓国の男性は優しいですよって言ってた」

へジン「そうねー。たとえば女の人の荷物を持ってあげるのは普通ね」

ゆかこ「日本でそれやると馬鹿に見られるよ。どんなに重い荷物を女性が持ってても、それをさっと持てる男性は日本では少ないと思うわ凹韓国男性いいなあ」

へジン「日本人優しいイメージあるけどね」

ゆかこ「へっ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこの国でも

@ロッテリア

ゆかこ「韓国の子どもの前髪ってアーチを描いてるよね。日本の子どもはどっちかといえばまっすぐ(ぱっつん)に切られてたりするけど・・・。私もか」

へジン「真ん中を短くして目に入らないようにするよ。あれは親が勝手に切っちゃうんだよ。私も小さいころはあれにされたね・・・」

ゆかこ「でもさっきあの前髪の大学生くらいの男の子がいたよ」

へジン「それはちょっと悪いような奴ね」

ゆかこ「韓国版DQNか」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食べに来ました日本から

ゆかこ「肉!!」

ホリー「おいしそう!!」

へジン「このお餅で肉をまいて食べてもいいよ」

ゆかこ「へー」

~~~

ゆかこ「・・・・・・・」

ホリー「・・・・・・・」

へジン「二人とも食べてると静かになるのね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外な一面

へジン「ここはカップルが来るとことね」

ゆかこ「あ、そうなんだ・・・」

ホリー「ふーん・・・」

へジン「二人は彼氏・・・」

ゆかこ「別にいいです」

へジン「なんでよーw」

~~~

ホリー「ほんっとうに韓国のカップルってすごいね。ペアルックがすごく多いし」

ゆかこ「そうだよねー」

へジン「あんなの韓国でも珍しいよ」

ゆかこ「でも日本ではもうほぼいないよ」

へジン「あ、そうなの?」

ゆかこ「私は嫌いではないんだけど」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジョイ!韓国

@南大門

ゆかこ「うわー、人多っ」

ホリー「すごいねー」

お店の人「イラッシャイマセー。お姉さん、本物のニセモノ、あるよ」

ゆかこ「ちょwwwwwwwww」

~~~

ホリー「わー、これ欲しいな」

ゆかこ「あ、これ前食べたよ。おいしかったよ」

お店の人「いらっしゃい!5つ買わない?」

ホリー「5つもいらないです(きっぱり」

ゆかこ「wwwでも私もいくつか買おうかな。写真撮っていい?」

お店の人「スマイル」

ゆかこ「はははwわーい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆかこ「おー!ドクターフィッシュやってみたかったんだ!」

ホリー「日本だと本当に高いんだよね、これ」

~~~

ホリー「ひゃーーーー!くすぐったい!!」

ゆかこ「うひゃぁ!ほんとだぅうwwwwくすぐたwwwwっううう」

へジン「ゆかこちゃんの方に魚が集まってるね」

ゆかこ「昨日の垢すりから思ってたんだけど、私ってそんなに汚いの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キムデビュー

ホリー「うちキムチが食べられないんだよぉ」

ゆかこ「私も前の韓国旅行のときに食べられるようになったんだよ」

ホリー「え、そうなの!?」

ゆかこ「うん、私は完全に食わず嫌いだったんだけどね。だから食べてみるといいよー」

~~~

昼食

ゆかこ「キムチー(ぱくっ」

ホリー「(ぱくっ」

ゆかこ「!!!!!!!!!!!!!!」

ホリー「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

へジン「あー、これは辛いねー」

※日本人と韓国人の「辛い」の感覚は異なるんだぜ!日本人の「辛い」は韓国人にとっては別に辛くなかったりするんだぜ!

ゆかこ「涙涙涙」

ホリー「からー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンマへ

ゆかこ「うわー、SKIN FOOD(コスメショップ)来たかったんだー、前にへジンに送ってもらったことあったよね」

へジン「ここは値段(が安い)のわりにいいよ」

ゆかこ「ママソにもここで買っていこう。えっとー、シートマスクは・・・まああ一番安いのでいいやママソだしw」

~~~

へジン「あ、これゆかこちゃんのお母さんにあげてね」

ゆかこ「えっ?」

へジン「私からのプレゼントよ」

ゆかこ「あっっ、シートマスク!(しかも私がママソに買ったやつより高いやつ・・・」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

韓国進出の日本人

ゆかこ「へジン!ごめん!(20分遅刻」

へジン「あー」

ホリー「こんにちわ、(ホリー本名)です」

へジン「へジンです」

~~~

ゆかこ「あ、ここ!ここ行きたかったコスメショップ!」

へジン「日本人ばっかりね」

ゆかこ「この店はテレビで紹介されたからだよ。あ、IKKOの看板だ」

へジン「この人って何?」

ゆかこ「とても化粧が好きな男の人だよ」

へジン「男wwwwww芸人?」

ホリー「芸人じゃないけどwwwww」

ゆかこ「まあ芸人みたいなもんだよね」

へジン「なんか変な人がいるんだね」

ゆかこ「・・・そうだね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井の女は動じませんよ

ゆかこ「ふぁー、眠いね・・・やっとホテルだ」

ホリー「地下鉄で帰る?」

ゆかこ「えっ、深夜2時って地下鉄ないのでは・・・タクシーじゃない?」

~~~

タクシーのおっちゃん「~♪♪(時速90キロ@一般道」

ゆかこ「おぉお・・・(恐怖」

ホリー「ボーッ」

タクシーのおっちゃん「~♪(急カーブ」

ゆかこ「うっ・・・・・・・・(吐き気」

ホリー「ボーッ」

タクシーのおっちゃん「(とにかく日本では有り得ない運転」

ゆかこ「・・・・・・・・・うぇ・・・(かなり吐き気」

ホリー「ボーッ」

ゆかこ「(ホリーはすごいなあ・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペロッキング

材料:ごはん,たまご,ネギ,タマネギ,もやし,ウインナー,片栗粉,みりん,料理酒,胡麻油,鳥ガラスープ…等々

タキエ「何作ってるの?」

ペロ「あんかけチャーハンを作ろうと思って」

タキエ「へー(手が込んでるな…」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

垢すられてやんよ!

従業員「7番の方どうぞー」

ゆかこ「やっとだー」

ホリー「長かったー」

~~~

ゆかこ「ぁぁあ・・・」

従業員「これ(垢)触ってみてくださいー」

ゆかこ「ひゃー、私って汚いなあ」

ホリー「ゆかこさんすごーい」

ゆかこ「ホリーもだよwwww・・・ちょっと痩せたりしないかな(ぼそっと」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッポンの戦力

23:00@垢すり

ゆかこ「ねむいね・・・」

ホリー「そうだね・・・」

ゆかこ「待ち時間長いよね・・・いつまでサウナにはいってればいいんだろう・・・」

ホリー「いつホテルに帰れるんだろうね・・・」

ゆかこ「(ボーッ」

ホリー「ちょっとお水飲んでくる」

ゆかこ「うん」

~~~

ホリー「なんか外で言い争い?してたよ」

ゆかこ「え?誰が?」

ホリー「お客さんと店の人がもめてたみたい」

関西のおばちゃん「だからこのコースにこれは入ってるの?ってきいてんの!」

従業員「えっと・・・説明したけど・・・(しどろもどろ」

関西のおb(ry「ノーなの!?イエス!??それをきいてんねん」

従業員「えっと・・・」

ゆかこ「(気が強いって言われる韓国の女性に対抗できる日本人はやはり彼女たちくらいか・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうだ韓国、住もう

ガイド「ところで二人は恋人はいますか?」

ホリー「い・・ないです」

ゆかこ「ぜんぜんです」

ガイド「えー、勿体無いですね。二人ともかわいいですよ」

ゆかこ(ちなみに本気メイク)「いわれたことないwwwww」

ホリー(ちなみに本気メイク)「むしろ馬鹿にされてるよねwwww」

ガイド「そんなことないですよー。韓国だったらすぐに彼氏ができますよ」

ゆかこ「・・・・・・じゃあ・・・私韓国にすんだほうがいいでしょうか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーっとしてる場合じゃないですよ

ガイド「今日これからどこかに行きますか?」

ゆかこ「えーと」

ホリー「えっとー、一応スーパーに・・・」

ガイド「スーパーですか?どこの?」

ホリー「○○っていう・・・」

ガイド「知らないです」

ゆかこ「・・・そうですか・・・・・・・」

ガイド「それより垢すりに行ったほうがいいです。韓国といったらこれですよ。私電話します」

ゆかこ「あ・・・はい」

ホリー「はい・・・(圧倒されている」

ガイド「では荷物を置いていきましょう!」

ゆかこ「(もはやついていけてない感が・・・」

ちなみに初日の22:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無計画

ガイド「みなさんこんばんわ、もうどこに行くかは決めましたか?どうですか?」

ホリー「まだ決めてませんー」

ガイド「どうですか?」

大阪のおばちゃんたち「○○行って××食べて、△△にも行って、明日は・・・(べらべら」

ガイド「わーすごいですね、きちんと勉強してきたんですか?」

ゆかこ「・・・・・・・・・」

ホリー「・・・・・・・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膀胱炎と窓側

ゆかこ「おー、窓側」

ホリー「この時間だと夕日が沈むとことか見られるかも!」

ゆかこ「そうか!きれいだろうね」

ホリー「でもここってトイレ行きにくいよね」

ゆかこ「・・・・・・ああ」

~~~

そして

ゆかこ「・・・・・・・・・」

ホリー「zzz」

ゆかこ「・・・・・・・・(ガタガタ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曖昧(韓国編はじまるよ!)

これからの話:ゆかことホリーは韓国旅行に行ってきたんだっぜ!諸事情により画像が載せられないのでみんな風景は頭の中で補完してほしいんだな!!

 

@関空

ゆかこ「おおー、関空すごいなーひろいな。ところでホリーは関空は前にも使ったことあるんだっけ?アメリカいったとき」

ホリー「あるよー」

ゆかこ「へー、私はじめてきたー」

~~~

ゆかこ「空港内を移動するのにこんな電車みたいなのに乗るんだね。すごいなー」

ホリー「うん、すごいよね」

ゆかこ「わーい」

ホリー「・・・・・・・あ、うち関空つかったことないや」

ゆかこ「えっっ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性格の違い

タキエ「(じゃ私は私で作るか。めんどくさいから簡単なのでいいや。」

材料:ミートソース,ご飯,たまご,タマネギ,ウインナー,牛乳少々

〜〜〜〜

タキエ「完成。ミートソースの簡単オムライス」

ペロ「カシャッ!(レシピを携帯のカメラで撮っている」

タキエ「(奴は一体何を作ろうとしてるんだwww」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

頼られない姉

ママソ「ちょっと出かけるから夕ご飯は適当に食べといて。お金置いとくから」

〜〜〜〜〜

タキエ「(ここはやはり自炊して食費浮かすべきだな…)」

ペロ「(ネットでレシピを調べている←同じ考えらしい」

タキエ「…ご飯どうする?」

ペロ「うーん…(レシピ調べ中)」

タキエ「…自分で作る?」

ペロ「うん」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

久しぶりです

久しぶりです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

変顔?いや、変形顔(微グロ注意)

変顔?いや、変形顔(微グロ注意)

今までのあらすじ:
一体俺に何が起こってるんだぜ、親不知ぬくと顔がこんなになるんだぜ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

バカなことを言いました

タキエ「なんか耳の後ろ辺りが頭痛っぽい」
ママソ「偏頭痛だわ」
タキエ「はぁ。。。でも偏頭痛ってバカはならない気がしない?なんか大人っていうか」
ママソ「私はバカな子どもの頃からあったわ」
タキエ「ああー」


Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »