« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月11日 (月)

多分ないけど

テレビをみながら

ママソ@高所恐怖症「うわー、これ(スカイダイビング)はほんと無理だわ」

ゆかこ「まあねー」

ママソ「もし私が罰ゲームでこれをやる羽目になったら、あんた(>ダッド)かわりにやってよ」

ダッド「え」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

オアシス

ゆかこ「あいさつの「オアシス」って言うじゃん、あの頭文字からとったやつ」

きはる「あー・・・なんだっけ」

ゆかこ「おはようの「お」、ありがとうの「あ」、すみませんの「す」・・・・・・なんだけど、「し」が思い出せないんだよね」

きはる「し、かぁ・・・・・・」

ゆかこ「んんーーーっ」

きはる「あっ!「信じられないですぅ」じゃない?」

ゆかこ「なんでそれだけぶりっこっぽいん?」

※正解は「しつれいします」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

っぽくない(自称)

ゆかこ「うぇー、バイクに乗ってたら鼻水がすごく垂れてきたけど、無視してそのまま走りました。鼻水ライダーです」

えりこ「あー、花粉症だね」

ゆかこ「えっ」

えりこ「あったかくなってきたし、やばいね」

ゆかこ「花粉症・・・凹!!!!??それはありません!!だって私って、どっちかといえば花粉症のイメージはないと思うんです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名も知らぬあなたを思う

ゆかこ「腰痛はあっためるといいみたいだけど、さすがにこの時期カイロはちょっと暑いから、温感シップ買ってみたよ」

ママソ「ふーん」

ゆかこ「でも、25枚で600円くらいだったよ。安いから期待はできないけどね」

~~~

@職場

ゆかこ「突然ですけど!」

えりこ「はい?」

ゆかこ「温感シップを考えた人は、天才だと思うのです」

えりこ「突然ですね」

ゆかこ「ちょっとばかにしてた自分が恥ずかしい・・・これを発明したにゆかこ賞をおくってもいいくらいです」

えりこ「そんなにいいの?」

ゆかこ「はい、発明者を抱きしめたいくらいなのです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

80%の割合

ゆかこ「残さず食べるのは大切ですが、腹八分目って言葉があるので、今年度はそれを心がけるつもりです」

えりこ「え、ほんとう?・・・なら普通中華飯ラーメンは頼まないよ」

~~~

ゆかこ「ごちそさまでしたー」

えりこ「あれ、八分目じゃなかったの?」

ゆかこ「え、だからラーメンのスープは残しました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つられた結果

ゆかこ「中華飯ラーメン」

店員「はい」

あらた(同僚)「じゃあ私も、中華飯ラーメン」

~~~

店員「中華飯ラーメンね」

ゆかこ「きたきた」

あらた「えっ!中華飯ラーメンって普通のサイズの中華飯と普通のサイズのラーメンの組み合わせだったんですか?」

ゆかこ「それでこの値段はとってもお買い得です」

あらた「てっきりハーフ&ハーフなのかと・・・で、真似してこれを頼んだんですが」

えりこ「この方は普通の女性より消費量が多めなんですよ」

| | コメント (0)

キッズ「あーっ」

ゆかこ「ああ」

えりこ(同僚)「ん??」

ゆかこ「ああ、あの子しってる子なんです」

キッズ「ねえー!」

ゆかこ「なにー?」

キッズ「どうしたのー?その前髪ー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こちら側へのおさそい

ゆかこ「あ、おはようございます」

ゆうや(同僚)「おはようございます、これ、SKEの新曲なんですけど」

ゆかこ「へえ、SKEが・・・一気に3枚も出したんですか?」

ゆうや「いえ、これは同じ曲で。でも微妙に違うんです、こっちはDVDが入ってて、こっちはCDだけで」

ゆかこ「たしかに、ちょっとデザインも違いますね。タイトルは同じだけど」

ゆうや「ということで、これ3枚とも、どうぞ」

ゆかこ「えっ!・・・・・・・ああ、ありがとうございます」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

大阪名物ちゃうで

ゆかこ「ただいま」

※タキエとの大阪国弾丸ツアーより

ママソ「ん」

ゆかこ「これ(足の裏の皮をむくパック)、大阪みやげ」

ママソ「これは」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

派閥

ゲーテ(同僚)「ゆかこさんは、絵を描くよりカッターで切り絵するのが好きそうだね」

ゆかこ「それを教えることもあります」

ゲーテ「だよね、刃物好きそうだもんね」

ゆかこ「そうですね、ペンよりは、刃物派ですね」

部長「なんか物騒な話してるなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねえさん

ママソ「今日ペロの友達2人がお見舞いに来てくれたわ」

ゆかこ「へー」

ママソ「わざわざマンガ買ってきてくれたりしてさ、優しい子たちだわ」

ゆかこ「ふーん」

ママソ「で、姉ちゃんたちは今日旅行に行ってるって言ったら「今日ですか!?」って驚いてたわ」

ゆかこ「まあ、そうかもね・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダサい感じ

ポン「どうしてそんなにまっすぐになっちゃったの?」

ゆかこ「なぜだかわからないんですが、ハサミをこう横にして、ざくっと切ったらまっすぐになっちゃいました」

ポン「理由は明確じゃん」

ゆかこ「なんかかっこいい感じにならないんですよねー、いつも」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆかこ「すみません、あの・・・前髪のまっすぐ具合が私と同じだと思ったのでつい言ってしまいました」

まさえ「ああ、これね!いやでも、私と同じなんて(謙遜」

ポン(同僚)「いや、でもゆかこさんの方が古風なまっすぐ具合だから」

ゆかこ「古風・・・?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういうわけでは

ゆかこ「あっ、まさえさん!」

まさえ(同僚)「えっ」

ゆかこ「その前髪!!私と同じですね!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

あっさり

タキエ「どうする?」

ゆかこ「え、旅行?」

タキエ「うん」

ゆかこ「ここにうちらがいても仕方ないし、ペロも言ってたし、行こう」

タキエ「うん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんな次女

ゆかこ「昨日の夜胸が痛いと言っていたときに胃痛の薬をあげたんだけど、効かなくて当然だったな・・・」

ママソ「あー」

ゆかこ「でも、そのことがあったから、救急車のサイレンが聞こえた時「うちかもしれない」ってわかって、それで降りてきたよ」

ママソ「その前に私にメールがきて、2階に呼ばれたんだわ」

ゆかこ「そういうことか、でもこの騒ぎ、タキエはまったく気づいてなかったんだよね」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

非難回避

次の日

ゆかこ「結局どうなったの?」

ママソ「そのまま入院だけど、集中治療室に運ばれるときに「姉ちゃんたちは気にせず旅行に行ってくれと伝えて」と言って入っていった」

ゆかこ「なんと」

ママソ「あんたたちが「お前のせいで旅行に行けなかった」と後で言うと思ったんだろうな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのとき、私は

ママソ(コートまで着ている)「ちょっと着いていくわ」

ゆかこ「うん・・・」

救急隊員「せーの!」

ペロ「・・・・・・(担架に乗せられる」

ゆかこ「・・・・・・・・・・・(私にできることはもうないし、寝よう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペロの悲劇②

ゆかこ「ZZZZZZZ」

窓の外「ピーポー・・・」

ゆかこ「・・・・・・」

窓の外「ピーポーピーポー」

ゆかこ「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

リビング

ゆかこ「・・・・・・・・・・・あれ」

救急隊員「どこが痛いですか」

ペロ「胸です」

ゆかこ「あれ、何やってんの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のろのろ

ゆかこ「明日の旅行だけど、どこに行こう」

タキエ「んーー、志麻スペイン村っていう手もある」

ゆかこ「パルケエスパーニャ」←言いたかっただけ

タキエ「しかし、そこまですごく行きたいわけでもない」

ゆかこ「そうだね」

タキエ「どうしよう」

ゆかこ「もう12時(深夜)なのに・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペロの悲劇①

ペロ「なんか、胸が痛い」

ゆかこ「あのね、胸が痛いなんてことはそうそうないよ。それは胸じゃなくて胃痛だよ」

ペロ「でも、この位置って胸じゃない?」

ゆかこ「胃痛の薬あるからあげるよ」

ペロ「んーまあいいや、じゃあそれちょうだい」

~~~

ペロ「なんか・・・全然よくならんよ」

ゆかこ「おかしいな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »