« 卑屈 | トップページ | 選ばれし私 »

2011年7月23日 (土)

っぽさ

ゆかこ「でも正直ね、自分にどういう人が合うのかわからない」

もも「それはそうだよね」

ゆかこ「だけど、アニヲタはやっぱりだめだと思う。ハマダの兄さんとか」

もも「どうして?」

ゆかこ「アニヲタが気持ち悪いとかそういうことじゃなくて、アニメっぽいかわいらしさは自分には皆無だから」

もも「そう?バイクで吹っ飛んで転ぶとか、アニメっぽいと思うけどな」

ゆかこ「……あ、そう。あまり楽しい出来事ではなかったけどね」

もも「部屋にコウモリが入り込む、とかもアニメっぽいよ」

ゆかこ「そうかなぁ…」

もも「そうだよ、だから気にしなくてもいいと思う」

ゆかこ「何か違う気がするけど、自信が出てきたよ」

もも「よかったfff」

|

« 卑屈 | トップページ | 選ばれし私 »

長女の殺戮的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155322/40919573

この記事へのトラックバック一覧です: っぽさ:

« 卑屈 | トップページ | 選ばれし私 »