« 現実は | トップページ | ※ »

2011年7月 6日 (水)

反対派

千秋「ゆかんにゃは分かってないなぁ。イケメンのいじわるこそ最高の男だよ」

ゆかこ「イケメンいじわる…イケメンいじわる」

千秋「呪文じゃないんだから」

ゆかこ「イケメンがいて、いじわる」

千秋「なに」

ゆかこ「イケメンなのに、いじわる」

千秋「うん」

ゆかこ「sgmtさんって分かりますか、智広君の友達の」

千秋「わかるよ。あの子は背も高いしイケメンだから忘れないw」

ゆかこ「あの人が会うたびにいじめてきて困っています。ただゆっくり歩いていただけなのに「タラタラ野郎」って言って睨まれて首のところ引っ張られて、後ろ向きに転んだことがあります」

千秋「タラタラ野郎w」

ゆかこ「そこはうけるところではありません。とにかくリアルいじわるは面白くもイケメンでもないということです」

|

« 現実は | トップページ | ※ »

長女の殺戮的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155322/40691752

この記事へのトラックバック一覧です: 反対派:

« 現実は | トップページ | ※ »