« ゆかこのターン | トップページ | 2月のある日 »

2012年2月 7日 (火)

なつかしき関西

ゆかこ「でもいざ関西を出ると、関西の男性はなかなかよかったなと気付くのです」
カトゥー「え、そうなん?どこが?」
ゆかこ「そりゃみんながみんなそうではありませんが。たとえるなら、髪を切ったとき、こっちの人は「あ、けっこう切ったんだね」と言って、関西の男性は「ええやーん」と言う。こんな感じ。わかりますか?」
カトゥー「俺はずっと兵庫やしなぁ」
ゆかこ「最初は、距離感が近すぎてとまどったんですが、今思えば、なんだかほわほわしていたと」
カトゥー「ほわほわ?」
ゆかこ「なんていえばいいのかな、うまく言えないんだよなぁ…。とにかく、そんな風に思い出すとき…そうだ、大阪行こうってなります」

|

« ゆかこのターン | トップページ | 2月のある日 »

長女の殺戮的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155322/44014121

この記事へのトラックバック一覧です: なつかしき関西:

« ゆかこのターン | トップページ | 2月のある日 »